このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

坂口安吾生誕祭

最終更新日:2016年9月12日

坂口安吾生誕祭110

新潟市出身の作家、坂口安吾の生誕を祝う「坂口安吾生誕祭」を開催します。
生誕110年の節目の年となる今年は、安吾風の館館長 坂口綱男(坂口安吾 長男)による講演「新潟と安吾」と、柄谷行人氏(哲学者)と佐藤優氏(作家・第10回安吾賞受賞)による対談「坂口安吾の現代性」を行います。

開催概要

第1部 講演「新潟と安吾」
坂口綱男(写真家)
第2部 対談「坂口安吾の現代性」
柄谷行人(哲学者)×佐藤優(作家・第10回安吾賞受賞)
司会:武藤旬(「文學界」編集長)

出演者プロフィール

柄谷 行人(からたに・こうじん)
1941年生まれ。哲学者。東京大学経済学部卒、同大学院英文学専攻修士課程修了。「定本柄谷行人集」「世界史の構造」「遊動論」「坂口安吾と中上健次」など著書多数。近著に「憲法の無意識」(岩波新書)

佐藤 優(さとう・まさる)
1960年生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。「国家の罠」「私のマルクス」「先生とわたし」など著書多数。近著に「君たちが知っておくべきこと:未来のエリートとの対話」(新潮社)第10回安吾賞受賞。

武藤 旬(むとう・じゅん)
1971年生まれ。「文學界」(文藝春秋)編集部で、柄谷、佐藤両氏の担当を務める。

坂口綱男(さかぐち・つなお)
1953年桐生市生まれ。坂口安吾の長男。78年からフリーのカメラマンとして広告写真や雑誌の写真を撮る。主な著書に「安吾のいる風景」、写真集「Le temps arrete」「安吾と美千代と四十の豚児と」ほか。安吾 風の館館長。

日時

10月8日(土曜)

第1部

午後2時~午後3時

第2部

午後3時15分~午後5時
※開場は午後1時30分~

会場

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 能楽堂

料金

資料代 1,000円

定員

360名 ※応募多数の場合は抽選

申込締め切り

9月26日(月曜)必着

申し込み方法

往復はがきに、郵便番号、住所、電話番号、代表者氏名、希望人数(2名まで)、返信裏面に代表者の住所、氏名を記入し、〒951-8550(住所不要)新潟市文化政策課「安吾生誕祭係」まで。

関連イベント

今年は坂口安吾生誕110年の節目の年であることから、様々な関連イベントが行われます。
詳しくは、市内公共施設に設置されているチラシや、下記をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

文化スポーツ部 文化政策課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(分館2階)
電話:025-226-2560 FAX:025-226-0066

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ゆかりの文化人

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る