このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

日本遺産への認定について(荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~)

最終更新日:2018年10月9日

ミュージカル「北前ザンブリコ」が上演されます!

日本遺産に認定された北前船の物語がミュージカルになりました。みなさま、ぜひご鑑賞ください!

公演日

2018年11月30日(金曜) 午後6時30分開演(終演午後8時)

会場

りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館) 劇場

料金

一般 3,000円/大学生・専門学校生 2,000円/小中高生 1,000円

チケット販売所

  • りゅーとぴあインフォメーションセンター
  • 新潟県民会館チケットセンター
  • インフォメーションセンターえん
  • 新潟伊勢丹5Fプレイガイド

チケットお申込み・お問い合わせは
わらび座 電話:090-3255-9328

お問合せ先

新潟市観光国際交流部国際・広域観光課
電話:025-226-2612

詳しくは以下のリンクもごらんください

ウェブサイトが公開されました

日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の専用ウェブサイトがこのほど公開されました。
日本遺産のストーリーや北前船の歴史紹介、北前船の生活文化、トラベル案内、イベント情報など盛りだくさんの内容です。
また、プロモーション動画の予告編も上映中!
ぜひ、アクセスをお願いします。
(下のバナーがリンクになっています)

北前船HPへのリンク 外部サイトへリンク 新規ウィンドウで開きます。
北前船

新潟市を含む地域が”荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~”として日本遺産に認定されました

文化庁は、平成29年度分として、全国の自治体から提案のあった79件の中から、新たに17件を「日本遺産(Japan Heritage)」に認定しました。
新潟市を対象に含む日本遺産としては、平成28年度の”「なんだ、コレは!」信濃川流域の火焔型土器と雪国の文化”に続き、2年連続2例目の認定となります。

「日本遺産」とは

「日本遺産(Japan Heritage)」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。

認定された「日本遺産」の内容について

申請者

北海道函館市・同松前町、青森県鰺ヶ沢町・同深浦町、秋田県秋田市、山形県酒田市(申請代表市)、新潟県新潟市・同長岡市、石川県加賀市、福井県敦賀市・同南越前町 の7市4町
平成30年5月24日には、北海道小樽市・同石狩市、青森県野辺地町、秋田県にかほ市・同男鹿市・同能代市・同由利本荘市、新潟県佐渡市・同上越市、富山県富山市・同高岡市、石川県輪島市・同小松市、福井県坂井市・同小浜市、京都府宮津市、大阪府大阪市、兵庫県神戸市・同高砂市・同新温泉町・同赤穂市・同洲本市、鳥取県鳥取市、島根県浜田市、岡山県倉敷市、広島県尾道市・同呉市 の27市町が加わって追加認定され、全38自治体による日本遺産となりました。

認定内容

タイトル:荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~
ストーリーの概要:日本海沿岸には、山を風景の一部に取り込む港町が点々とみられます。そこには、港に通じる小路が随所に走り、通りには広大な商家や豪壮な船主屋敷が建っています。また、社寺には奉納された船の絵馬や模型が残り、京など遠方に起源がある祭礼が行われ、節回しの似た民謡が唄われています。これらの港町は、荒波を越え、動く総合商社として巨万の富を生み、各地に繁栄をもたらした北前船の寄港地・船主集落で、時を重ねて彩られた異空間として今も人々を惹きつけてやみません。

これまでに認定された日本遺産の詳しい内容や、最新のお知らせなどがごらんいただけます。

新潟市内の構成文化財等について

新潟市関連では、以下のものが構成文化財等になっています。

平成28年度に認定された新潟市最初の日本遺産について

このページの作成担当

文化スポーツ部 歴史文化課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎1号棟1階)
文化財、歴史文化施設に関すること 電話:025-226-2575 FAX:025-230-0412
史跡、埋蔵文化財に関すること 電話:025-226-2580 FAX:025-230-0412
歴史資料、市史に関すること 電話:025-226-2584 FAX:025-230-0412
新津鉄道資料館に関すること 電話:0250-24-5700 FAX:0250-25-7808

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る