このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

精神障害者保健福祉手帳

最終更新日:2017年10月10日

精神障害者保健福祉手帳は、精神疾患を持つ方が一定の障がいの状態であることを証明するものです。この手帳を持つことにより、精神障がい者の方の福祉や社会参加、社会復帰をし易くすることを目的にしています。

窓口

  • 各区役所健康福祉課 障がい福祉係
  • 各地域保健福祉センター

対象者

精神障がいのために日常生活や社会生活を送る上でハンディキャップがあり、初診から6か月以上経っている方で、精神障害者保健福祉手帳の取得を希望する方

障害等級

1級から3級があります

有効期間

2年間(有効期限の3か月前から更新申請を受け付けます)

手帳の申請手続き

全員必要なもの

  • 精神障害者保健福祉手帳(更新の場合)
  • 障がい者手帳申請書
  • 写真【縦4センチ×横3センチ、脱帽した上半身、1年以内に撮影したもの】
    (更新の場合で、有効期限欄が残っている方は必要ありません)
  • 印鑑

精神障がいによる障害年金等を受給していない方が必要なもの

  • 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)

精神障がいによる障害年金を受給している方が必要なもの

  • 年金振込通知書の写し、又は、年金支払通知書の写し
  • 同意書

特別障害者給付金を受給している方が必要なもの

特別障害給付金受給資格者証の写し、又は、特別障害者給付金支給決定通知書の写し

申請

申請窓口:各区役所健康福祉課、障がい福祉係・各地域保健福祉センター

申請書類をもとに、新潟市こころの健康センターで交付の可否と等級を決定します

  • 申請から手帳交付の可否の決定までは、約1か月位かかります。
  • 手帳を郵送で受け取る場合は、手続時に310円分の切手(簡易書留代として)が必要です。
  • 交付後に手帳に書いてある内容(氏名・住所等)が変わった時は、変更手続が必要です。
  •  「障がい者手帳申請書」等の書類は、各区役所健康福祉課障がい福祉係、各地域保健福祉センター、精神科医療機関等にあります。

判定基準

 精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について」(平成7年9月12日健医発第1133号厚生省保健医療局長通知)に基づき、判定をします。
 また、「精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準の運用に当たって留意すべき事項について」(平成7年9月12日健医精発第46号 厚生省保健医療局精神保健課長通知)により、判定基準を運用します。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

福祉部 障がい福祉課 在宅福祉係
951-8550
新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1239 FAX:025-223-1500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障がい者手帳の交付

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る