このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

地震

地震(じしん)の とき あわてないように、じゅんびを しておきましょう。

地震(じしん)に そなえる

いえの(なか)を あんぜんにする

  • かぐが たおれないように とめてきましょう。
  • (おも)いものや われやすいものは (たか)場所(ばしょ)に おかないようにしましょう。
  • げんかんなど、出入口(でいりぐち)までの みちに かぐなど たおれやすいものを おかないようにしましょう。
  • (うご)きやすい くつを じゅんびしましょう。

かぞくと そうだんする

  • 地震(じしん)が おきたとき どうするか かぞくと そうだんしておきましょう。
  • 避難場所(ひなんばしょ)に ()くときの みちを かくにんしておきましょう。

()っていくものを よういする

  • ()げるときに だいじなものを ()っていくことができるように かばん(リュック)を じゅんびしておきましょう。かばんの(なか)には ()べものや (みず) くすりなどを いれておきます。
  • 3日分(かぶん)の ()べものや (みず)を じゅんびしておきましょう。
本文ここまで

サブナビゲーションここから

やさしい にほんご

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る