このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

コレクション展

2階常設展示コーナーでは、新津美術館の所蔵品を紹介しています(観覧無料、開催日は開館日に準じます)。

令和2(2020)年度コレクション展 

コレクション展1 花をおもう

令和2(2020)年4月11日(土曜)~6月14日(日曜)
休館日 月曜日(ただし4月27日、5月4日、25日は開館)
観覧無料

「花」(華・はな)は、ただ植物の一種を指すだけでなく、古くから様々な意味を見出されてきました。「花がある」といえば美しさを、「花を持たす」では名誉や栄光を、また「花に嵐」というときはその儚(はかな)さや脆(もろ)さの象徴とされました。
本展では、新津美術館所蔵品の中から「花」をモチーフにした作品をご紹介します。
絵画、写真、工芸といった複数の分野の作品が集まり、わいわいと「花が咲く」展示室で、多様な「花」の表現をお楽しみいただけますと幸いです。

コレクション展2 絵の中のミステリー!

令和2(2020)年6月27日(土曜)~9月27日(日曜)
休館日 月曜日(ただし7月13日、8月10日、31日は開館)、8月11日(火曜)※9月8日(火曜)から18日(金曜)は、企画展の展示室が展示替え期間のため休館
観覧料無料

今回は、ちょっと不気味で、あやしい感じがする絵を集めてみました。
暑い夏にぴったりの、ひんやりするような絵では、寒色の青が効果的に使われています。
また、自然の神秘や、日本古来の信仰を題材にした絵からも、ミステリーが感じられます。廃墟の絵からは、誰もいなくなったはずなのに、誰かが「隠れている」ような気配が感じられます。
「ミステリー」は、もともとギリシャ語で「隠れている」が語源です。
ほかにも「不思議の国のアリス展」にあわせて、幻想的でかわいらしい作品を展示しています。絵の中に「隠れている」ものを探してみてください。

コレクション展3 特集展示 岩田正巳 ※会期変更となりました。

令和3(2021)年1月23日(土曜)~3月21日(日曜)
※「第17回教育アート展」中止にともない、会期変更となりました(変更前:令和3年1月4日(月曜)~3月21日(日曜))。
休館日 月曜日(ただし2月22日、3月15日は開館)
観覧料無料

現在の三条市に生まれ、風景画や歴史画で名を馳せた日本画家・岩田正巳の作品を特集展示します。

平成31・令和元(2019)年度コレクション展 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 平成31・令和元(2019)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ(外部サイト)

平成30(2018)年度コレクション展

新規ウインドウで開きます。平成30(2018)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

平成29(2017)年度コレクション展

平成29(2017)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

平成28(2016)年度コレクション展

平成28(2016)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

平成27(2015)年度コレクション展

平成27(2015)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

平成26(2014)年度コレクション展

平成26(2014)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

平成25(2013)年度コレクション展

平成25(2013)年度コレクション展一覧(過去の展覧会ページ内)へ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新津美術館
新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1
電話:0250-25-1300

新着情報

カフェ、ショップ、通信販売

授業でご利用の方へ(教育、保育活動など)

障がいのある方へ

家族で楽しむために(無料託児サービスなど)

周辺の施設

お知らせ一覧

よくある質問

新津美術館公式ソーシャルメディア

新規ウィンドウで開きます。新潟市美術館(外部サイト)

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

新津美術館 NIITSU ART MUSEUM 新潟市新津美術館

〒956-0846 新潟県新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1 電話:0250-25-1300 FAX:0250-25-1303 MAIL:museum.ni@city.niigata.lg.jp
開館時間 午前10時から午後5時(観覧券販売は午後4時半まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)、展覧会準備期間、年末年始 ※月曜日開館日もあり
© 2017 Niitsu Art Museum.
フッターここまでこのページのトップに戻る