平成29年度 健全化判断比率等

最終更新日:2020年2月5日

平成29年度決算に基づく健全化判断比率及び資金不足比率

健全化判断比率の状況

平成29年度 健全化判断比率の状況表

実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来負担比率
新潟市の比率

10.9

146.1
(参考) 早期健全化比率 11.25 16.25 25.0 400.0
(参考) 財政再生基準 20.00 30.00 35.0 数値なし

新潟市の平成29年度における健全化判断比率は、いずれの指標も早期健全化基準を下回っています。
(実質赤字比率、連結実質赤字比率については、いずれも黒字決算であったことから「赤字比率」は生じていません)

資金不足比率の状況

平成29年度 資金不足比率の状況表
新潟市の会計区分 資金不足比率
中央卸売市場事業会計
と畜場事業会計
下水道事業会計
水道事業会計
病院事業会計
(参考) 経営健全化基準 20.0

新潟市の平成29年度における資金不足比率は、いずれの会計も経営健全化基準を下回っています。
(いずれの会計も黒字決算となったことから資金不足比率は生じていません)

このページの作成担当

財務部 財務企画課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)

電話:025-226-2195

FAX:025-223-1557

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ