新潟市12次産業化推進計画について

最終更新日:2017年2月20日

新潟市は、全国一の水田面積を誇り、コシヒカリなどの米をはじめ、さまざまな花き・野菜・果樹、畜産など全国に誇る魅力的な農畜産物の生産が行われている全国有数の大農業都市です。
こうした豊富な田園資源を私たちの生活に密着する分野に活用していく「12次産業化」を推進するため「新潟市12次産業化推進計画」を策定しました。
12次産業化の推進により農業の新たな価値を創造し、産業・雇用の創出を図るとともに、全ての市民が地域への愛着と誇りを持ちながら、健康で生き生きと安心・安全に暮らせるまちづくりを実現していくことで、地方創生のトップランナーを目指していきます。

12次産業化イメージ

新潟市12次産業化推進計画の概要

策定日

平成28年2月18日

計画期間

平成27年度から平成34年度(8年間)
※平成31年度を目途に社会経済状況の変化や進捗状況等を踏まえ、必要な見直しを行う

12次産業化の定義

12次産業化とは、6次産業化の取組みに加え、本市が有する広大な農地、恵み豊かな里山などの自然環境、そこから生み出される農作物や間伐材、それに携わる人材といった豊富で多様な田園資源を、「福祉」や「教育」など私たちの生活に密着する分野にも活かしていくことで、産業や雇用の創出を図るとともに、全ての市民が地域への愛着と誇りを持ちながら、健康で生き生きと安心・安全に暮らせるまちづくりを目指すものです。

各分野における田園資源の活用基本方針

(1)子育て

  • 身近な田園資源を活用した、子どもがすこやかに育つための環境づくりの推進
  • 食育や農業体験における親子間・世代間・地域間交流を通した、社会全体で子どもを大切にする環境づくりの推進

(2)教育

  • 農業をめぐる恵まれた環境を活かした新潟らしい農業関連学習の推進
  • 地域と連携した農業に関する生涯学習機会の創出

(3)福祉

  • 農業を活用した社会参加の場や就労の機会の提供
  • 農業を活用した健康づくりや仲間づくり、生きがいづくりへの支援

(4)保健・医療

  • 食と農を活用した体の健康づくりの推進
  • 食と農を活用した心の健康づくりの推進

(5)エネルギー・環境

  • 多様で豊富な田園資源のエネルギー活用の推進

(6)交流

  • 食と農をはじめとした多彩な魅力の発信
  • 恵まれた田園環境を活かした食と農の体験の提供
  • 食と農を通じた関係地づくりの推進

計画書

パブリックコメントの実施結果

平成27年12月14 日(月曜)から平成28年1月12日(火曜)に行った意見募集の結果です。

このページの作成担当

農林水産部 ニューフードバレー特区課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)

電話:025-226-1864

FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ