JICAボランティア平成29年度第3次隊表敬訪問

最終更新日:2017年12月20日

 新潟市出身の派遣隊員2名と帰国隊員2名が平成29年12月19日(火曜)に市役所を訪れ、岩渕国際課長を表敬訪問しました。
 ザンビアのチパタ郡農業事務所に派遣される佐藤隊員は、主にネリカ米の普及による栄養改善や現地農家の収入改善に取り組みます。「初代の取り組みになるため、今後につながるような活動をしていきたい」と抱負を語っておられました。
 東ティモールの赤十字社に派遣される佐々木隊員は、主に学校プログラム(保健衛生、救急対応、災害リスク減、献血等)の改善・普及支援に取り組みます。「中学生の頃から協力隊になるのが夢で、現地で学んだことや現地に行くことで改めて知る日本の良さを帰国後子供たちに伝えたい」と期待に満ち溢れていました。
 岩渕課長は「新潟市出身のお2人が国際協力を目指して世界へ羽ばたいていかれることを同じ市民として誇らしく、たのもしく思う。ぜひ頑張っていただきたい。」と激励しました。
 また、2年間の任期を終え、マラウィ共和国から帰国された白井隊員は、現地のカウェチェヘルスセンターが管轄する村でエイズ教育や5歳児未満の予防接種啓発活動に携わりました。「現地の人たちとの文化の違いで苦労することも多々あったが、一緒に食事をとってコミュニケーションをすることが一番楽しかった。今後も国際協力の道に進みたい」と語っておられました。
 同じく2年間の任期を終え、東ティモールから帰国された坂井隊員は、アイレウ県保健局で主に僻地の山岳地帯にある村々を巡る移動診療に携わりました。「現地の人と同じことをすることを心掛けたおかげで、現地の人とも信頼関係が築けコミュニケーションがとれるようになった」と活動を振り返り、これから東ティモールに派遣される隊員へアドバイスを送りました。
 岩渕国際課長は「帰国されたお2人には今後現地での経験を生かし、国際協力の道でぜひ活躍していってほしい。」と激励しました。
青年海外協力隊派遣隊員(平成29年度第3次派遣)
氏名 派遣国 配属先 職種 派遣期間
佐藤 和樹 ザンビア チパタ郡農業事業所 コミュニティ開発 2年
佐々木 緩乃 東ティモール 東ティモール赤十字社 公衆衛生 2年
青年海外協力隊帰国隊員(平成27年度派遣)
氏名 派遣国 配属先 職種 派遣期間
白井 悠 マラウィ共和国 カウェチェヘルスセンター 感染症・エイズ対策 2年
坂井 侑 東ティモール 東ティモールアイレウ県保健局 コミュニティ開発 2年

左から国際課長補佐・JICA東京次長・白井隊員・佐々木隊員・坂井隊員・佐藤隊員・国際課長

このページの作成担当

観光・国際交流部 国際課

〒951-8507 新潟市中央区西堀前通6番町894番地1(西堀6番館ビル5階)

電話:025-226-1673

FAX:025-225-3255

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ