市からの文書における改元に伴う年・年度の表記について

最終更新日:2019年4月26日

市からの文書における改元に伴う年・年度の表記について



元号を改める政令が4月1日に公布され、5月1日から元号が「令和」になります。
5月1日以降、市では、原則として市が発する文書においては、新元号である「令和」で表記し、年度としては当年度全体を通じて「令和元年度」と表記します。ただし、市税や保険料、保育料に関する通知など市から発する文書に、期日や年度が「平成」や「平成31年度」と表記されている場合があります。この場合でも、法律上の効果は変わりませんので、それぞれ対応する期日等に応じ「令和」や「令和元年度」に読み替えてくださいますよう、ご理解とご協力をお願いします。

 <読み替え例(5月1日以降)>
 ・〇〇会議開催日 平成31610日 → 令和元年610

・納付期限 平成32131日 → 令和2131

・平成31年度 第1回△△会議 → 令和元年度 第1回△△会議

・平成31年度□□保険料通知書 → 令和元年度□□保険料通知書

このページの作成担当

総務部 総務課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館地下1階)

電話:025-226-2409

FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ