「超少子高齢社会」に対応した「まち」づくりを目指します

最終更新日:2017年1月1日

区長のイラスト

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年末には、平成27年実施の「国勢調査」の結果(確報値)が総務省から公表され、予想された新潟市の人口減少に一定の歯止めがかかった中において、西蒲区では、新潟市8区の中で最も多い2,522人の減(平成22年比較4.2%減少)となるなど、改めて超少子高齢社会への迅速な対応が、西蒲区の大きな課題であることを実感させられました。
 昨年は、このような状況に対応するため、平成29年度から始まる新総合事業への移行に伴う体制整備として、西蒲区全体で「支え合いのしくみづくり会議」の立ち上げを進めるとともに、昨年11月には巻地区内に、ボランティア団体「Rera(レラ)」による地域包括ケア推進モデルハウス「にしかんの茶の間」を設置するなど、超高齢社会に向けて市民協働で取り組んできました。
 超少子社会については、昨年8月に越前浜地区が新潟市移住モデル地区の第1号に指定されたことを契機に、区内各コミュニティ協議会で超少子社会に対応した取り組みを行っていただいています。
 今年も「目指す区の姿」である「豊かな自然、歴史と文化のかおりに満ちあふれ、人と人とがあたたかくつながるまち」づくりの実現にまい進してまいります。
 区民の皆さまからご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げますとともに、新年が皆さまにとって幸多き充実した年となりますようお祈りいたします。

 西蒲区長 大上 喜彦

このページの作成担当

西蒲区役所 地域総務課

〒953-8666 新潟市西蒲区巻甲2690番地1

電話:0256-73-1000

FAX:0256-72-6022

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ