南区区ビジョンまちづくり計画に関係して

最終更新日:2012年11月30日

受付日:平成24年10月29日 年代:60歳代

ご意見

 農村公園祭りの土俵の上での挨拶とコミ協との懇談会で、2回お顔を見させていただきました。ああこの方が新しい区長さんなのか、南区を良くしようと思っているように感じられるけど、それはご自分だけで部下はどうなのかな?との感じを受けています。率直に申し上げて、コミ協との懇談を行うにあたり、問題が提起されている現地を見ていないなど、行政マンとして失格です。どこに協働のまちづくりがあるというのでしょうか。これからお尋ねする件についても、担当者の認識は被害住民とずれています。
 さて本題ですが、コミ協との懇談会で配布された表題の資料の中の「1.安心安全確保のための基盤整備(3)庄瀬堤外地排水施設整備事業」についてお尋ねします。該当地域は堤防と副堤に囲まれた(旧庄瀬中学校や住宅地、畑がある)中の排水整備事業です。10年前の水害でも水につかり、増水時には2台のポンプを設置して信濃川に排水してきましたが、その後堤防の嵩上げが行われ、昨年の水害時にはその工事のおかげで大事に至らなかったのですが、ここから先が重要です。
 堤防の嵩上げ工事によって、これまで以上の雨水が当該堤防と副堤に囲まれた地域の中に流れ込む構造となったことです。そのことの認識がないため、担当者は昨年の水害時に2台のポンプで事足りたと、対応が遅れたことへの反省が無いのです。抜本的な解決のために、平成25年、26年で約3億2千万円の計画になっていますが、担当者は具体的な計画は「何も無い」と言っています。そんな状態で26年度に完了できるのでしょうか。

回答

 合併建設計画の庄瀬堤外地排水整備事業にご意見をいただき、ありがとうございました。
 この度、係員が事業の進捗状況を説明する際、説明内容に言葉が足りないことから、不快な思いをされましたことに対し、お詫び申し上げます。
 この整備事業については、庄瀬堤外地を水害から守る重要な事業であることから、現在、合併建設計画期間である平成26年度の完了を目指しておりますが、平成23年7月の新潟福島豪雨を受け、現在、整備計画の見直しを行っているところです。
 今後、計画内容の見直しが完了次第、地元関係者への計画内容の説明を行い、平成25年度に詳細設計、平成26年度に工事の実施を予定しております。
 なお、河川占用許可が必要な工事内容であるため、平成26年度以降に整備工事の継続が必要となった場合は、南区としては必要な事業と認識し、事業完了まで整備を継続する努力をしていくこととしておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

回答日:平成24年11月12日
担当:建設課

このページの作成担当

南区役所 地域総務課

〒950-1292 新潟市南区白根1235番地

電話:025-372-6621

FAX:025-373-2385

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ