30代限定セルフケア健診のご案内

最終更新日:2019年7月18日

セルフケア健診とは

健診会場や病院に行かず、自宅で簡易検査キットを使い、以下の項目の血液検査を
行うことができます。
 ・血糖検査:血糖、HbA1c
 ・脂質検査:中性脂肪、LDLコレステロール、HDLコレステロール
 ・肝機能検査:AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(GTP)
 血液検査結果と生活状況のアンケートをもとに、後日生活習慣のアドバイスが自宅に届きます。

対象

下記のすべてに該当する人 各回先着50人
 1.江南区に住民票のある人
 2.30~39歳(令和2年3月31日現在の年齢)の人
 3.職場の健診などで血液検査を受ける機会がない人

申込み期間と検査期間

日程表
  申し込み期間 検査期間 定員
1回目 6月3日(月曜)~6月14日(金曜) 7月25日(木曜)~8月7日(水曜) 50人
2回目 1月6日(月曜)~1月24日(金曜) 2月10日(月曜)~2月22日(土曜) 50人

※1回目の申し込み受付は終了しました。
※2回目は、区だより1月号掲載後に申し込みを受け付けます。

料金

無料
※血液検体の返送のためのクール便は、同封の返送用伝票にて着払い

申し込み

申し込み期間内に健康福祉課健康増進係(025-382-4316)まで電話でお申込みください。
その後、採血検査セット(アイスボックス)と問診表を発送します。

健診の流れ

(1)申し込み期間内に電話でお申し込みください。
(2)「アイスボックス」と「問診票」が自宅に届きます。

~アイスボックスの送付内容~
●注意事項:特に注意していただきたい内容が記載されています。
 裏面も必ずお読みください。

●問診票:生活状況についてご記入ください。

●「かんたん採血セット」:取扱説明書にしたがって血液を採ってください。針は2本あり、1本は予備です。

●保冷剤:お手元に届いたら速やかに凍結してください。採血後の検体を返送する際、保冷のために使用します。

●返送用伝票:郵便番号、住所、氏名、電話番号をご記入ください。

●遠心機:血液を分離する機械です。採血後に使用します。

●温度計:同封のアイスボックスの蓋についています。血液の温度管理を行うために使用します。

(3)説明書にしたがい、自分で採血します。
 採取する血液は指先から4~5滴で、かかる時間は約10分程度です。
 採血する指全体を圧迫し血流を良くします。

 専用の器具で指の腹や側面に針を刺します。
 利き腕とは反対の指先ですと、穿刺しやすいです。
 中央より、指先の側面のほうが痛みが少ないです。
 手を机に置き、指が動かないように固定します。

 針を刺した所から出てきた血液4~5滴を指定の容器に垂らします。

 採血後の状態:白いパッド部分の全体が赤い状態が最適です。
 「×」の場合は、予備の針で穿刺し血液を追加します。

 ※採血量:遠心後、血しょう(黄色い部分)が5mmほどあれば検査可能です。
 ※採血量が少ない場合など検査不能となる可能性があります。

(4)すみやかにキャップをはめ、同梱包の遠心器にかけます。

(5)採血後の検体はすみやかに冷蔵保存し、当日または翌日に以下のものを同封してクール便で返送してください。
 ~返送用アイスボックスに入れるもの~
 ●記載した問診票:身長、体重など記入漏れのないようにお願いします。
 ●採血した検体:刺し終えた針も箱に戻し返送してください。外箱の氏名記入欄にご記名ください。
 ●遠心機
 ●凍結した保冷剤
 ●温度計

(6)検査機関に到着後、約1か月で結果が自宅に届きます。
 アドバイスをもとに、生活習慣病の改善に役立つ健康相談や健康づくり事業をご案内します。
 事業について、詳しくは今後の区だよりやホームページ等をご確認ください。

このページの作成担当

江南区役所 健康福祉課

〒950-0195 新潟市江南区泉町3丁目4番5号

電話:025-382-4346

FAX:025-381-1203

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ