鳥獣保護管理法について

最終更新日:2019年8月16日

鳥獣保護管理

名称

目的

鳥獣の保護及び管理
有害鳥獣の駆除・危険の予防
→農林水産業の健全な発展、生活環境の保全

概要

都道府県知事の鳥獣保護管理事業計画
鳥獣の捕獲等又は鳥類の卵の採取等の規制
狩猟免許について
鳥獣保護区の設定について など

  • 野生鳥獣を捕まえたり、飼ったりすることは原則禁止されています。
  • 野生鳥獣の捕獲や飼養は、許可や登録が必要です。また、他人から野生鳥獣を買ったりもらったりする場合でも、譲り受けの届出が必要で、飼養許可証の提出が求められます。
  • 無許可・無登録で野生鳥獣を捕獲・飼養した者などには、罰則規定があります。
  • 手続きについては、下記までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらへ

新潟市環境部環境政策課自然環境係
 電話:025-226-1359 FAX:025-230-0467
E-mail:kansei@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

環境部 環境政策課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)

電話:025-226-1363

FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ