ヒナを拾わないで

最終更新日:2012年6月1日

ヒナを拾わないで

  • 繁殖期には、ヒナが巣から落ちることがあります。親鳥はヒナのそばにおり、世話を続けています。人が近くにいると親鳥が近づけませんので、すぐにその場を離れましょう。
  • もし、ネコなどが近くにいて襲われそうな場合は、簡易巣箱を木の上に作ってみてはいかがでしょうか。

簡易巣箱の作り方

  1. ヒナの大きさに合わせて箱を選ぶ。(ティッシュペーパーの空き箱、ザル、空き容器など)
  2. 巣材になるようなものを敷く。(ティッシュペーパー、おが屑など)
  3. 箱に穴を開け、ヒモを通し木の枝等にぶらさげる。(ヒナが落ちている近くの場所)
  4. ヒナを入れて巣箱から離れる。

お問い合わせはこちらへ

新潟市環境部環境政策課自然環境係
 電話:025-226-1359 FAX:025-230-0467
E-mail:kansei@city.niigata.lg.jp

このページの作成担当

環境部 環境政策課

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎2号棟3階)

電話:025-226-1363

FAX:025-230-0467

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ