やってみよう!水の実験 ペットボトルで作るミニ浄水場

最終更新日:2020年7月1日

浄水場(じょうすいじょう)ではどうやって水道水(すいどうすい)を作っているのでしょう。
ペットボトルでミニ浄水場を作ってしくみを体験(たいけん)してみよう!

ミニ浄水場ろ過実験

ペットボトルで作るミニ浄水場

用意するもの

用意するもの

(1)ペットボトル(500ミリリットル)2本
(2)プラスチックカップ(大 :1000ミリリットル程度)1個
(3)プラスチックカップ(中:400ミリリットル程度)3個、(4)砂利 約300グラム、(5)砂(川砂(かわずな))約300グラム
(6)プラスチックカップ(小:100ミリリットル程度)5個
(7)ミョウバン(よごれをかためる薬(くすり))、 (8)重曹(じゅうそう)(ミョウバンの働きを助ける薬(くすり))
(9)くぎ、(10)ガーゼ、わた(脱脂綿(だっしめん)でもOK)、(11)ビニールテープ、(12)ハサミ、(13)カッターナイフ
(14)小さじ(5ミリリットル)、(15)わりばし、(16)金(かな)づち

ペットボトルで作るミニ浄水場(じょうすいじょう) 実験説明書(じっけんせつめいしょ)

ペットボトルで作るミニ浄水場の実験説明書です。必ずダウンロードして印刷してご覧ください。
PDFファイル形式でA4サイズ両面印刷、最後のページは全体説明図A3見開きです。

  • 実験(じっけん)に使った水などは()んではいけません。
  • ハサミやカッターなどを使うときは、大人(おとな)といっしょにやりましょう。
  • 実験(じっけん)は水がこぼれても良い場所(ばしょ)でやりましょう。

容器(ようき)をつくる

ペットボトルを切(き)り取(と)るときは、カッターナイフで切(き)り目(め)を入れた後(あと)に、ハサミを使うと安全(あんぜん)で簡単(かんたん)です。

ろ過容器(かよううき)を作る

ペットボトル(500ミリリットル)の底(そこ)に近いところで切り取る。

台座(だいざ)を作る

ペットボトル(500ミリリットル)のキャップに近いところで切り取る。

組み立てる

キャップを下にして台座(だいざ)に入れて組立(くみたて)ます。

1.川の水をつくる

川の水を作る写真

砂(すな)と砂利(じゃり)を水洗(みずあら)いしてよごれた川の水をつくります

(1)砂と砂利を水洗いしてよごれを落(お)とします。

(2)砂を洗った最初(さいしょ)のにごり水をカップ大(1000ミリリットル)に約500ミリリットルに移(うつ)します。

(3)実験(じっけん)に使うよごれた川の水の出来(でき)あがりです。

2.薬品(やくひん)をつくる

薬品をつくる写真

ミョウバンと重曹(じゅうそう)をぬるま湯によく溶(と)かします

(1)ミョウバンは水のよごれをかためる薬(くすり)、重曹(じゅうそう)はミョウバンの働(はたら)きを助ける薬(くすり)です。

(2)カップ小にぬるま湯を入れて小さじ2杯(約10グラム)のミョウバンを入れてよくかき混(ま)ぜます。ミョウバンは溶(と)け残(のこ)るくらいで大丈夫(だいじょうぶ)です。

(3)重曹も同じように作ります。

(4)ミョウバンと重曹(じゅうそう)の薬品(やくひん)が準備(じゅんび)できました。

3.沈(ちん)でん実験(じっけん)をする

沈殿実験の写真

川の水に薬品(やくひん)を入れてかき混(ま)ぜてよごれを沈(しず)めます

(1)よごれた川の水500ミリリットルに重曹液(じゅうそうえき)の上澄(うわず)みを小さじ半分程度(はんぶんていど)(2.5ミリリットル)入れて、わりばしで数秒間(すうびょうかん)かき混(ま)ぜます。
次にミョウバン液(えき)を小さじ半分程度(2.5ミリリットル)入れて激(はげ)しく1分間混(ま)ぜます。(1秒間に3~4回転程度)
最後(さいご)にゆっくりと5分間混ぜます。(4秒に1回転程度)ゆっくりと長くかき混ぜて、小さなよごれのかたまりをたくさん作りましょう。
(2)30分程度するとカップの底(そこ)によごれが沈みます。
上澄(うわず)みのキレイな水をろ過実験用(かじっけんよう)にカップ中(400ミリリットル)に移(うつ)します。

ろ過池(かち)をつくる

ろ過池を作る写真1

ろ過容器(かようき)のキャップに穴(あな)をあけてガーゼを詰(つ)めてしっかりとペットボトルに取付(とりつけ)ます

(1)キャップの中心(ちゅうしん)に穴(あな)をあけます。

(2)くぎと金(かな)づちを使いました。

(3)キャップの内側(うちがわ)にガーゼ(脱脂綿(だっしめん))をしっかりと詰(つ)めます。

(4)ペットボトルに取付(とりつけ)けてしっかりと閉(し)めます。

ろ過池を作る写真2

ろ過容器(かようき)の中に1.でキレイに洗った砂利(じゃり)と砂(すな)を順番(じゅんばん)に詰(つ)めます

(1)下に台座(だいざ)を取付(とりつけ)て作業(さぎょう)しましょう。(キャップは付いてますね!)

(2)はじめに砂利(じゃり)を約5センチメートルの厚(あつ)さまで詰(つ)めます。

(3)次に砂(すな)を約6センチメートルの厚(あつ)さに詰(つ)めます。

(4)ミニろ過池の完成(かんせい)です。倒(たお)れないようにしっかりと組み立てましょう!

4.ろ過実験(かじっけん)をする

ろ過実験の写真

沈でん実験でキレイになった水をろ過します

(1)沈(ちん)でん実験でキレイにな った「ろ過前(かまえ)の水(イ)」をミニろ過池の上から砂が崩(くず)れないように静(しず)かにゆっくりと入れます。

(2)砂と砂利の間(あいだ)を通(とお)って下のキャップから透明(とうめい)な水が落(お)ちてくるのでゆっくりと観察(かんさつ)しまし ょう。

(3)ミニろ過池の上の水が空(から)になる前(まえ)に台座(だいざ)から外(はず)します。

5.観察(かんさつ)してみよう

観察の写真1

水の色やよごれをいろいろな方法で比(くら)べてみよう

透明(とうめい)なカップに同じ量の(ア)よごれた水、(イ)ろ過前の水、(ウ)ろ過した水を入れて色やよごれを観察(かんさつ)して見よう!

観察の写真2

色を比(くら)べる時は、上から、横から、観察して見よう!(白い紙・黒い紙で見え方が変(か)わるよ!)

ろ過した水(ウ)が一番きれいな水になりましたか?

水太郎

きれいになってもこの実験の水は飲まないでくださいね。

うまくいかないときは実験説明書の9ページQ&Aを見てください。

このページの作成担当

水道局 総務課

〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)

電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311)

FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ