にいがた市民大学特別講座「新潟駅と鉄道~その歴史と未来~」

最終更新日:2022年4月1日

この講座は終了しました。

令和3年度 生涯学習センター 主催事業

趣旨

新潟駅周辺整備事業が進む中、新しい駅舎がその姿を現そうとしています。交通の要であり、新潟市民にとって様々な思い出が交錯する大切な場所である「新潟駅」。
ターミナル駅としての役割や特徴、発着する旅客列車が時代と共にどう変化していったのかを学び、「駅」と「鉄道」の未来について考えます。

新潟駅(1963年夏ごろ)

特急とき出発式

新・新潟駅外観イメージ(検討・協議により変更の可能性があります)

プログラム

日時 テーマ 内容 講師

1

2月26日(土曜)午前10時から午前12時

三代目新潟駅の
役割と特徴

令和2年に役目を終えた万代口駅舎について、ターミナル駅として担ってきた役割や仕組み、特徴が時代と共にどう変化していったのかを振り返り、駅とは何かを学びます。

新津鉄道資料館
館長 高山 栄一
学芸員 岩野 邦康

2

3月12日(土曜)午前10時から午前12時

新潟駅を彩った
旅客列車たち

昭和30年代から現在まで新潟駅を発着した特急・急行・準急・普通列車について、鉄道愛好家ならではの視点から、時代背景やエピソード、懐かしい映像を交えて語ります。

鉄道友の会
新潟支部長 中村 稔

3

3月26日(土曜)午前10時から午前12時

新しい新潟駅と
鉄道の未来

新潟駅はどう生まれ変わるのか。現代に求められるターミナル駅の役割や特徴、利便性やエキナカでの楽しみなど、新駅舎への展望や期待と共に、抱える課題にも触れ、新潟の鉄道の未来について考えます。

JR東日本新潟支社
新潟駅開発まちづくり推進室
室長 櫻井 昭夫
新潟市都市政策部
新潟駅周辺整備事務所
鉄道高架グループ
本間 均

会場

生涯学習センター (新潟市中央区礎町通3ノ町2086番地 クロスパルにいがた)

対象

新潟市に在住・在勤・在学の方

定員

100人 ※応募者多数の場合抽選

受講料

3,000円(2月中旬頃、受講決定通知書と一緒に納付書を送付する予定です)

申し込み

受付期間:令和4年1月9日(日曜)から令和4年2月9日(水曜)まで

1.新潟市役所コールセンターへ
★電話:025-243-4894
★FAX:025-244-4894

2.かんたん申込み(外部サイト)へ

新型コロナウイルス感染症対策について

本講座は、「新しい生活様式に基づく新潟市社会教育施設等利用ガイドライン」に基づき、感染症対策を行います。
(1)感染状況により、中止・延期又はオンライン講義(受講者は会場で受講)となる場合があります。
(2)発熱や咳等の風邪症状がみられる場合や新型コロナウイルス感染(同居家族等含む)が疑われる場合、受講をご遠慮ください。
(3)マスク(持参)の着用、手指の消毒(手洗い)、社会的距離の保持(必要以上の会話回避)をお願いいたします。
(4)受講者には「受講決定通知書と納付書」をお送りする際、感染症対策やお願い事項をご案内します。
(5)講座中止の場合や(2)の理由で欠席された回は、受講料をお返しします。
(6)職員は検温、マスクの着用、手指の消毒(手洗い)を行い、会場を定期的に換気します。

ダウンロード

このページの作成担当

生涯学習センター

〒951-8055 新潟市中央区礎町通3ノ町2086

電話:025-224-2088

FAX:025-223-4572

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ