美術企画展 古川敏郎 彫刻展 -闇を行く-

最終更新日:2021年11月4日

事業は終了しました。

概要

古川敏郎彫刻展作品画像 「闇を行く」2021年

美術企画展とは
館内の展示室において、作家による作品展示とワークショップを開催します。作品展示は、展示期間中の開場時間内であればどなたでも自由にご覧いただけます。ワークショップは、公民館へのお申し込みが必要となります。

美術企画展 古川敏郎 彫刻展 「-闇を行く-」

古川(ふるかわ) 敏郎(としろう)氏:1964年生まれ。新潟県妙高高原町(現 妙高市)出身。現在は阿賀野市にあるアトリエを拠点とする。自分自身の制作活動のほか、彫刻講座やワークショックを通して美術やものづくりの普及活動を行っている。
1986年新潟県展県展、新潟県芸術祭展連盟大賞。1988年国画会展初入選。1993年五泉市立五泉中学校改修記念彫刻制作。2010年国画会展彫刻部奨励賞。2015年国画会彫刻部会員。

ワークショップは定員に達したため、募集を終了しました。アーティストトークは申込不要です。当日直接会場へお越しください。

美術企画展アーティストトーク&ワークショップ「鋳造技法を使ったキーホルダー、ブローチの制作」
10月30日(土曜日)の午後1時30分から午後4時まで
古川(ふるかわ) 敏郎(としろう)さんによるアーティストトーク&ワークショップを開催いたします。金属を熱して液体にしたあと、型に流し込み、冷やしてキーホルダーやブローチを制作します。

気軽に美術に触れることができる素晴らしい機会です。ご参加をお待ちしております。

日時
  • 展示期間 令和3年10月20日(水曜)から11月3日(水曜) 午前9時から午後9時
  • アーティストトーク&ワークショップ 令和3年10月30日(土曜) 午後1時30分から午後4時
会場 新潟市豊栄地区公民館 
対象
  • 展示物観覧 どなたでも観覧自由です。直接会場へお越しください。
  • ワークショップ 対象者は小学生4年生以上。先着15名。募集を終了しました。
参加費
  • 展示物観覧・アーティストトーク 無料
  • ワークショップ 参加費500円 
お申込方法
  • 展示物観覧、アーティストトークはお申込みは不要です。当日直接会場へいらしてください。
  • ワークショップは、お電話で豊栄地区公民館(電話:025-387-2014)へお申込みください。(10月22日まで)
お問い合わせ

豊栄地区公民館(電話:025-387-2014

備考

新型コロナウイルス感染拡大状況によっては急遽中止する場合がございます。
当日はマスクの着用をお願いいたします。
風邪症状(発熱や咳など)のある方の参加はご遠慮ください。
家族や周囲の人が完成した場合や感染の疑いがある方は参加をご遠慮ください。

ダウンロード

このページの作成担当

豊栄地区公民館

〒950-3393 新潟市北区東栄町1丁目1番14号(北区役所3階)

電話:025-387-2014

FAX:025-386-1063

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ