長場の神楽 神明社(長場2506)

最終更新日:2019年8月12日

長場(ながば)の神楽 市指定無形民俗文化財

 いつの頃か不明ですが、一説には勘兵衛という非常に農業に熱心な人が、度重なる水害を起こす悪魔を払うために始めたとされています。(つづきはマップの下にあります。)

長場1(イメージ)

長場2(イメージ)

長場3(イメージ)

いつの頃か不明ですが、一説には勘兵衛という非常に農業に熱心な人が、度重なる水害を起こす悪魔を払うために始めたとされています。当時、何の娯楽もない村の青年たちは喜んで練習し、種々の脇芸も研究し、四つ切舞、種まき面神楽などを、長い間に習得し、今日に至っています。
今から10年ほど前(平成21年)、沢海の角田氏がご自分の地域に伝わっている神楽の頭の兄弟を探して、村上の「長作」という匠が作ったものであることが分かりました。そして村上に伝わるお頭と対面しました。実に120年振りの兄弟獅子の再会でした。その角田氏が「もっと兄弟獅子がいるはずだ」と探し回っていました。そして平成30年11月25日北区文化会館「お頭大集合」の場で兄弟獅子をひとつひとつ見て回ったのです。なんと「長場神楽」のお頭に「長作」という彫りがありました。長場の神楽の兄弟がいることが分かりました。

北区の秋まつり日程一覧または神楽マップ一覧表へ戻るリンク

このページの作成担当

北区郷土博物館

〒950-3322 新潟県新潟市北区嘉山3452番地

電話:025-386-1081

FAX:025-388-6290

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ