ふぐを取扱うための制度が変わりました

最終更新日:2022年7月6日

ふぐを取扱うための制度が変わりました

 令和3年6月1日に新潟県及び新潟市のふぐの取扱いに関する要綱が改正され、ふぐを取扱うための制度が変わりました。

新制度の概要

 ふぐの除毒処理は市長が認めた方又はその方の立会いの下で行う必要があります。これまでは4年ごとの定期講習会により、ふぐの除毒処理を行う方の認定を行ってきましたが、令和3年6月1日からは試験による認定制度に変更します。
※除毒処理済みのふぐ(いわゆる「みがきふぐ」)だけを扱う場合はふぐ処理責任者の認定を受ける必要はありません。

ふぐの制度について
  新制度 旧制度
認定方法 認定試験 定期講習会
資格更新 更新なし 4年ごと
他県資格者

ふぐ免許取得者以外も可
(国の基準を満たす場合)

ふぐ免許取得者のみ

フグ取扱衛生責任者(旧制度)の取扱い

 旧制度のフグ取扱衛生責任者には経過措置が設けられており、令和7年3月31日までは除毒処理が可能です。
 令和7年4月1日以降、除毒処理を行う場合は認定試験に合格する必要があります。

フグ取扱衛生責任者の経過措置について

認定試験について

認定試験について
受験申込書受付期間 令和4年7月11日(月曜日)~令和4年7月25日(月曜日)
受験申込書提出先

公益社団法人新潟県食品衛生協会
〒950-0965 新潟市中央区新光町7-2

受験申込書提出方法 FAXまたは郵送
学科試験日

令和4年10月13日(木曜日)

実技試験日

(1)令和4年10月27日(木曜日)
(2)令和4年11月10日(木曜日)
(3)令和4年11月17日(木曜日)
(1)~(3)の3日間のうち、いずれか1日

試験会場

学校法人新潟調理師専門学校
新潟市中央区東幸町8-8


受付期間内でも定員(96名:先着順)に達した場合、締め切らせていただきます。
定員に達した場合は、新潟県食品衛生協会のホームページでお知らせいたします。

認定試験の内容
区分 内容 時間
学科試験

水産食品の衛生に関する知識
関係法規
ふぐの種類と鑑別
ふぐの処理と鑑別
ふぐの一般的知識

90分間

実技試験
(鑑別試験)

実物のふぐの種類を鑑別し、標準和名で記述回答する

5分間
実技試験
(処理試験)

食品を取り扱う者として衛生面に注意を払い(手指の洗浄・消毒、着衣など身なりの清潔、包丁、布巾、まな板の衛生的取扱い、調理台周囲の整理整頓等)、用意された1尾のふぐを処理し、筋肉、皮、各臓器(取り出された内臓も各臓器等に分離する)に分け、可食部と不可食部に区分し、各臓器を鑑別する

20分間

注1:ふぐの処理に関する免許を所有している方や、他県の認定試験に合格した方は受験不要です。
注2:新潟県内で「みがきふぐ」だけを扱う場合は受験不要です。

このページの作成担当

保健衛生部 保健所食の安全推進課

〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号

電話:025-212-8226

FAX:025-246-5673

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ