よくかんで食べる習慣を身につけよう

最終更新日:2012年6月1日

1. よくかむことの効果

 肥満予防 よくかんで食べると満腹感が得られます。

 糖尿病予防 よくかむと食べ過ぎを防ぎます。また、よくかむと血糖値が上がりにくく、消費カロリーも増加します。

が がん予防 よくかむことは、唾液の分泌を促し、発がん物質の作用を抑制します。

 

す ストレス発散 集中力を高め、ストレスを緩和します。また、「歯ごたえ」もストレス発散につながります。

 記憶力アップ 脳が刺激され、あたまの働きを活性化します。

2. 唾液の機能

  • 食べ物をかんで飲み込みやすくする
  • 発音を滑らかにする
  • 味を感じやすくする
  • 食べカスの残留を防止する
  • むし歯を防ぐ(再石灰化の促進、緩衝作用)
  • 消化作用、消化管の粘膜保護作用

3.食べるときに気をつけたいこと

かむ回数

 目安は、一口30回です。
 家族や友達と一緒に食事をとり、できるだけ時間をかけてゆっくりと食べることを心がけましょう。
 ゆっくり食べることでよく味わうこともできます。

食べる姿勢

正しい姿勢のイラスト

 何気なくとっている姿勢が、飲み込みにくさの原因になってしまっていることがあります。姿勢を整えるだけでも飲み込みやすさは変わります。正しい姿勢で食事をとりましょう。

4.8020運動を知っていますか?

 80歳になっても自分の歯を20本以上保とうという運動です。
親知らずを除く永久歯28本のうち、20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食べ物をおいしく食べることができます。

現在の歯数とよく噛める食べ物の画像

このページの作成担当

保健衛生部 保健所健康増進課

〒950-0914 新潟市中央区紫竹山3丁目3番11号(新潟市総合保健医療センター2階)
がん検診に関すること 電話:025-212-8162
健康づくりに関すること 電話:025-212-8166
歯科保健に関すること 電話:025-212-8157

FAX:025-246-5671

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ