なるほど!じゅんさい池

最終更新日:2020年10月21日

じゅんさい池ぬたりん 東区公認キャラクター 東区応援団長「ぬたりん」

じゅんさい池に関する情報や豆知識をコラムとして紹介します。

第1回 名前の由来

その名のとおり、つるんとした食感が特徴の水草「ジュンサイ」が生育していることに由来します。
1975(昭和50)年頃までは、たくさんのジュンサイが採れ地域の特産品でしたが、周辺の宅地化などに伴い、1979年(昭和54年)池の水位が下がり枯渇したことにより全滅してしまいました。
現在は、その後に旧笹神村から移殖したものが定着し、西池に生育しています。

第2回 じゅんさい池に湯治場があった!?

湯治宿写真 湯治宿があった頃の東池(提供:鈴木製材所)


かつては東池に「大仏荘」、西池に「権現の湯」の2軒の湯治宿があり、昭和50年まで続いていました。
「権現の湯」を営んでいた遠藤清さんによると、池の水をポンプで吸い上げてお湯を沸かしていたそうです。湯治客は自炊しながら、10日から2週間ほど滞在し、周辺の農家も多く利用していました。
また、昭和39年の新潟地震の際には、入浴ができない地域の人が大勢利用しました。

参考:『下山郷土史』下山地区コミュニティ協議会、『にぽにぽvol.55』新潟日報販売店
協力:遠藤清氏

関連リンク

このページの作成担当

東区役所 地域課

〒950-8709 新潟市東区下木戸1丁目4番1号

電話:025-250-2110

FAX:025-271-8131

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ