パパママのギモンを聞いてみよう

最終更新日:2017年1月30日

パパママのギモンを聞いてみよう

座って食べてくれない子どもはどうしたらいい?(東)

東(ママ)  

最初に申し上げたんですけど、うちの息子が座って食事しないし、とにかく飽き性で、食事というものが楽しいと思ってなさそうなんですけど、今の1歳児において、食事で大切にしなければいけないことはありますか。

佐藤 

今は、興味がいろんなところにあって、一番楽しくてしようがない時代ですよね。いろんなことを考えて成長しているので。少しでも食事は座って食べるものだという習慣を身につけることは大事です。食事の時に、周りにおもちゃがあったりしますか。

東(ママ)  

ないけど、ほかに別なおもちゃに代われるものはあります。避けてはいるんですが。

佐藤 

一緒に食べていますか。

東(ママ)  

一緒にずっと食べていたんですけど、脱走するようになってからは出来なくて。

佐藤 

そうですよね。今はそういう時期だと思って。お腹がすくまで遊んでいるときに、おやつがあるとお腹がいっぱいになっちゃうので、ちょっとおやつを控えめにするとか。時間が来たら食事にちゃんと向けられるようにお母さんが仕向けていくというか。

東(ママ)  

今はその習慣づくりということですかね。

佐藤 

完璧にできなくてもいいと思いますけど、ただダラダラしちゃうと、いつもお腹がなんとなく空いていないという状態が続くと食事に興味が持てなくなってしまうので。

上村(パパ) 

いずれ座って食べるようになりますよ。そういう時期なんですよ。

佐藤 

子育てって、ちょっと通り過ぎると忘れませんか。あんなに毎日が印象深かったというか、戦いだったのに。懐かしいね、なんて言われちゃうぐらいになるんですね。

野菜嫌いをなんとかしたい!(上村)

上村(ママ) 

うちの子、今、野菜嫌いで、なかなか食べてくれないところを工夫しながら、一口でも食べて欲しくて諦めずに出し続けています。少しでも、効率的に食べさせたいのですが、ビタミンって油と加熱調理すると吸収がよくなるって聞きましたが、どうなんでしょう。

佐藤 

研究されてますね。

上村(ママ) 

何とかしようって必死で。例えば、カボチャとかでも、煮物を食べてくれなかったら、煮物で出すよりも薄くスライスして、ソテーにしたりとか。

佐藤 

そう、チップスみたいな気分で食べてくれたり。ニンジンもそうです。油と一緒になるとビタミンAの吸収率が体の中で高まるんですよ。それと昔、ハンバーグのところについていたニンジンのグラッセ。あれはすごく理にかなっていて、とても家庭的なプレートなんです。

上村(ママ) 

ポテトも必要なんですね。

佐藤 

あの甘いニンジンがまさにキモだと思うんです。ニンジンは今おっしゃったように、油と一緒に取ることによって、生で食べるよりもビタミンAの吸収率が体内で高まるんです。油調理というのはそういう良さがあるんですね。それはバターだったり、オリーブオイルだったりすると、風味もアップします。

上村(ママ) 

聞いた話なんですけど、農薬などの残留しているものを落とすのは、ゆでるのが一番いいっていいますけど、一緒にビタミンも出ちゃうと。蒸すと、ちょっとした農薬とか、そういったものを一緒に入れてしまうことになり、摂取してしまうとか。

佐藤 

量の問題だと思うんですね。たぶん皆さん、選びながら買われていると思います。残留物も体にどんどん蓄積されていくような量ではないと思いますので、農薬が気になるんだったら、サッとゆでたほうがいいと思いますね。ホウレンソウはシュウ酸というものが入っているので、ゆでた後に水に浸すことが必要なので、注意して欲しいです。

上村(ママ) 

よく栄養素の問題で、リンゴとかモモは、じつは皮と実の間とか、皮自体にもすごく栄養素があると。

佐藤 

野菜も果物も、皮と実の間に、一番栄養があるんです。春の野菜は皮が柔らかいので、ニンジンでもゴボウでも新ジャガでも、丸ごと取れるものじゃないですか。あと、甘いので、野菜嫌いのお子さんは、野菜好きにするには春がチャンスだと思います。苦みも少ないですし、みずみずしいのでおいしいんですよね。あと、農薬とかワックスとかが気になるときの調理法で、レモンやリンゴは、皮のところに塩を、できたら岩塩みたいなザラザラした粗塩をこすりつけて洗うと表面の汚れとかは取れますよ。

このページの作成担当

中央区役所 健康福祉課

〒951-8553 新潟市中央区西堀通6番町866番地(NEXT21 3階)

電話:025-223-7252

FAX:025-223-7151

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ