花育の日

最終更新日:2021年5月7日

4月19日と10月19日は花育の日

花育の日ってなぁに?

「食と花の政令市」である新潟市において、より身近に生活の中に「花と緑」を取り入れて
花のある生活を普及・推進するために、平成27年度から「花育の日・花育月間」を設けま
した。花育(イク)であるかことから19日とし、新潟市の花であるチューリップの季節の
4月19日と、都市緑化の啓発普及期間内である10月19日を新潟市「花育の日」とし、
4月と10月を花育月間としました。

花や緑はストレス軽減効果あり!

千葉大学の研究によると花や緑はストレスを軽減する効果があると言われています。
花を飾ることにより心理的効果を測定したところ、花の無い部屋に比べ花のある部屋では
「活気」の気分プロフィールが大幅に増加し、「混乱」、「疲労」、「緊張・不安」、「抗うつ」
「怒り・敵意」が低下することが明らかになっています。
今、家にいることが多くなっています、こんな時こそ花や緑を生活の一部に取り入れほっと一息ついてみませんか?

お近くの花屋さんをのぞいてみませんか?

このページの作成担当

農林水産部 食と花の推進課

〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル4階)

電話:025-226-1794

FAX:025-226-0021

このページの作成担当にメールを送る

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ