シロハラ

最終更新日:2016年6月30日

四季の鳥たち「冬の小鳥たち~シロハラ」

シロハラ(写真:小林信行さん) シロハラ(写真:小林信行さん)

 冬のにいつ丘陵で生活している小鳥たちの中から、シロハラを紹介しましょう。

 シロハラは、秋に日本海を越えてやって来る代表的な冬鳥です。大群でわたってきて、にいつ丘陵で冬を過ごすものもいます。

 雪のないときは、枯れ葉や土を掘ってミミズやムシを食べています。また、ナナカマド・ウメモドキなどの木に集まって、赤い実を喜んで食べています。カキの実も好物です。

 冬のにいつ丘陵の林の中はとても静かです。しかし、そんな冬の間にも、このようにひっそりと生活している小鳥たちがたくさんいます。そして、春になると、高い山や北国へ帰って行くのです。

 にいつ丘陵では、季節によってさまざまな鳥を観察することができます。野鳥にとって、大切な自然環境となっているのですね。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

オオルリ

オオタカ

オシドリ

サンコウチョウ

シジュウカラ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ