サンコウチョウ

最終更新日:2016年6月30日

サンコウチョウ(三光鳥)

科名:カササギヒタキ科
大きさ:全長 雄45センチメートル(尾含む)、雌18センチメートル。スズメより一回り大きい。
季節:夏鳥。5月中旬に帰って来て、10月初旬までにいつ丘陵のスギ林で生活します。
色彩・形態:雄の尾の長さは30センチメートルもあり、目の回りはコバルトブルー、背面は黒紫色で美しい。
鳴き声:月・日・星・ホイホイと聞こえる複雑な声でさえずるため、サンコウチョウ(三光鳥)の名前がつきました。
 ※スギ林の多いにいつ丘陵を代表する種類で、その声を聞くために訪れる人がいます。
 ※新潟県準絶滅危惧種です。

四季の鳥たち 「サンコウチョウを見たことがありますか?」

サンコウチョウ サンコウチョウ

 夏になると、にいつ丘陵の林では野鳥のさえずりと共にセミの声もにぎやかになります。

それに負けないように、クロツグミが大きな声で高らかにさえずっています。クロツグミはスズメの3倍くらいの大きさがあり、さえずりは遠くまで良くとおり、複雑なかえ歌を歌います。

 また、スギ林の中ではサンコウチョウが「ツキ・ヒー・ホシ(月・日・星)ホイホイホイ」と元気に鳴いています。さえずりの中に三つの光(月・日・星)があることから、漢字で三光鳥と書きます。

 サンコウチョウはなかなか姿を見ることはできませんが、30センチメートルもある長い尾っぽをなびかせて飛ぶ姿を見たときはとても感激します。出会えたら、ラッキーですね。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

オナガガモ

オオハクチョウ

オオルリ

オオタカ

オシドリ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ