オオタカ

最終更新日:2016年6月30日

オオタカ(大鷹)

オオタカ オオタカ

科名:タカ科
大きさ:全長50センチメートル。カラスと同じくらい。
季節:一年中にいつ丘陵で生活します。
色彩:頭や背面は暗青灰色、下の面は白く細かい横縞があります。
鳴き声:ほとんど鳴きませんが、警戒するとカッ・カッ・カッ・と鳴きます。
習性:雌雄で林の中で生活し、秋から冬は河川・湖沼などに出て、ハトやカモ類を採って生活します。
※新潟県絶滅危惧2類に指定されている希少種。

四季の鳥たち「オオタカ~にいつ丘陵の生き物の王様」

 にいつ丘陵で生活している鳥たちの中から、オオタカを紹介しましょう。

 オオタカは、新潟県でも絶滅が心配されている希少な(=少なくて珍しい)野鳥です。大きさは50センチメートルくらいで、にいつ丘陵の林の中に一年中生息しています。

 頭や背中は青灰色、下の面は白く細かい横縞があります。雌雄(メスとオス)で生活し、秋から冬には川や沼地などに出かけて、ハトやカモなどを獲物にしているんですよ。

 にいつ丘陵の森で、さまざまな生き物の頂点にいるのがオオタカです。オオタカがいる森は、多くの命が息づいている豊かな森であるといえます。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

モズ

アカマツ

カイツブリ

ムクドリ

オオハクチョウ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ