ハシブトガラス

最終更新日:2016年7月1日

四季の鳥たち 「カラス なぜ鳴くの?」

ハシブトガラス ハシブトガラス

 今では私たちの生活とも深く関わっているカラスの仲間から、ハシブトガラスを紹介します。

 ハシブトガラスは、みなさんもよく知っている、もっとも身近な鳥の一つです。くちばしが太く、「カァー・カァー」とすんだ大きな声で鳴きます。

 いたずら好きで生ごみなども食料にするため、人間にきらわれがちです。秋葉公園付近では、人が集まるような所にハシブトガラスも特に多く集まり、ごみ箱をあさったりするので、大変迷わくになっていますね。

 ハシブトガラスハシボソガラスは、どちらも大きな群れをつくって行動することがあります。秋から冬に、数百羽から多い時には数千羽の群れのカラスが飛んで空が真っ黒になることがありますが、ちょっとこわいと思いますよね。

 そんないやがれることが多いカラスですが、日本サッカー協会(JFA)のシンボルマークになっています。シンボルマークをよく見ると、カラスには足が3本あります。八咫烏と呼ばれ、日本神話や中国の古典に出てきて、太陽と同じように親しまれていたようです。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

アカゲラ

アオゲラ

ダイサギ

エナガ

ハシボソガラス

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ