エナガ

最終更新日:2016年6月30日

四季の鳥たち 「ひっそりと暮らす鳥たち~エナガ」

エナガ(写真:小林信行さん) エナガ(写真:小林信行さん)

 にいつ丘陵には、留鳥といって、1年中同じ場所でくらしてほとんど移動しない鳥たちが、ひっそりと暮らしているのです。留鳥には「シジュウカラ」や「アオゲラ」など、たくさんの種類がいます。その中から今回は「エナガ」の暮らし方を紹介します。

 エナガは、小さな丸い体に長い尾羽があります。まるでヒシャクの柄(取っ手のところ)のように見えるために、柄長という名前になりました。春の早い時期に、コケで丸い巣を作ってヒナを育てます。

 にいつ丘陵では1年中見ることができます。

 エナガも群れをつくりますが、ムクドリほど多くはありません。その数は数羽から十数羽で、チーチー鳴きながら林の中を飛び回っています。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

テイカカズラ

ユキバタツバキ

アカゲラ

アオゲラ

ダイサギ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ