ダイサギ

最終更新日:2016年6月30日

四季の鳥たち 「ダイサギ」

ダイサギ ダイサギ

 にいつ丘陵周辺で見られる水辺の鳥から、ダイサギを紹介します。

 白い色をした鳥「シラサギ」ですが、じつはシラサギという名まえの鳥はいません。鳥を分類する名前の「サギ科」のうち、白いサギをいっぱん的にそう呼んでいるのです。シラサギには、ダイサギ(大)、チュウサギ(中)、コサギ(小)などがいます。

 その大きさから、大・中・小と名前がついているので分かりやすいですね。ダイサギは、全長約90センチメートルとシラサギの中でもっとも大きく真っ白なサギです。

 田んぼや能代川付近で、えさとなる魚をねらっている姿がよく見られます。冬の間は1羽でいることが多いですが、夏にはたくさん寄り集まって、コロニーという巣を作って子どもを生み育てています。

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

スミレサイシン

テイカカズラ

ユキバタツバキ

アカゲラ

アオゲラ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ