コシノチャルメルソウ

最終更新日:2016年7月4日

コシノチャルメルソウ

コシノチャルメルソウ

コシノチャルメルソウ

科名:ユキノシタ科
解説:名にコシノとついているように、全国でも雪国の越後に主に分布し、日本海側の固有種です。1本の花茎に20個以上の花がつきます。1枚の花弁が小さくてわかりにくいですが、切れ込んで魚の骨のようになっています。
※名前の由来は、果実の開いた形を、ラッパに似た中国楽器のチャルメラにたとえたといいます。
【ひとくちメモ】
・固有種=その地域にしか生育しない動植物の種
・花弁=はなびら

このページの作成担当

秋葉区役所 産業振興課

〒956-8601 新潟市秋葉区程島2009

電話:0250-25-5689

FAX:0250-24-5888

このページの作成担当にメールを送る

このページを見ている人はこんなページも見ています

ヒメコウゾ

イヌシデ

イヌザクラ

カラコギカエデ

キバナアキギリ

注目情報

魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分
(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
ページ上部へ