このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

第1回財産経営推進本部(平成26年5月12日開催)

最終更新日:2014年5月19日

会議概要

日時 平成26年5月12日
会場 新潟市役所本庁5階 全員協議会室

1. 「財産白書について」 財産管理運用課長

説明資料「財産白書について」

2. トップマネジメント研修_講演「『財産白書』を生かした公共施設マネジメント~「運営」から「経営」への発想転換」 南学(みなみまなぶ)東洋大学客員教授

南学(みなみまなぶ)東洋大学特任教授による講演「財産白書を生かした公共施設マネジメント」

講演資料「『財産白書』を生かした公共施設マネジメント~「運営」から「経営」への発想転換」

講演要旨

  • 公共施設マネジメントの話は、建物の更新ではなく、更新の費用、つまり、実は財源の問題。単純な“施設削減”の話ではなく、行政改革、総合的な改革であるという認識が非常に重要。部局それぞれが反対の理由を持っているかもしれないが、自らの担当事務も公共施設マネジメントの視点でみることが大切。逆に、削減すればよいという意識では、他の中小自治体の後塵を拝することになる。
  • 役所内の「総論賛成、各論反対」を乗り越えるには、全体的な危機感を持つことが必要。公共施設マネジメントは、1担当部局によるものではなく、全庁的に取り組まなければならない、否、全庁的に取り組んでも解決しないかもしれないという大きな課題。縦割り排除を徹底するために、トップは首長が望ましい。
  • 固定資産台帳はマネジメントをしていく上での必須のデータベースであり、この整備を第一にすべき。
  • PDCAを実践しながら適宜変えていく計画づくりのしくみが必要。PDCAによる柔軟な計画づくりと実施はまだ先進事例がないので、是非新潟市にフィードバックのしくみづくりを頑張っていただきたい。
  • (事例)学校開放。中学校の体育館を地域の体育館に。シャワーやトイレを備えた体育館は、実は災害対策にも有効。(事例)図書館。中途半端な規模の図書館にこだわらず、無人図書館や多機能な図書館の検討を。
  • 法律で禁止されていないことならば自由にさまざまな形でサービスを組み合わせることを考えるのが、これからの公務員の仕事。下手な規制をするよりも、民間の自由な発想にゆだねる。市民を信頼しながら使い道を考え、価値を高めることが重要。直営か民間か、ではなく、何が適切な運用か、を考えるべき。
  • 指定管理者制度で重要なのは、実は施設運営上の「リスク管理(分担)」。施設運営の効果を重要視し、協定書の内容をオープンにしつつ、互いに説明責任を負うことが正しい効率化につながる。
  • 定住自立圏構想の中心市として他都市の事務を担うことも視野に。これは総務省も推奨している。
  • 限定的な人しか使わない施設については、「なぜ納税者がこうした人に年○○円も差し上げないといけないのか」という資料の用意が必要。データを基にした受益者負担をお願いする。
  • 施設廃止に反対するごく一部の人には、「反対する人を半分集めて来てください。そうしたら廃止は再検討します」と話してみること。こうした人たちはどうやっても半分の方を連れてくることはできない。
  • 施設は基本的に学校を中心とした統合で進める。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

財務部 財産活用課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館2階)
電話:025-226-2382 FAX:025-228-3010

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

財産経営の推進

このページを見ている人は
こんなページも見ています

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る