このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成24年度水道事業会計予算のあらまし

最終更新日:2015年3月12日

水道局では、安全でおいしい水道水を供給するために、270億4,848万円の予算を計上しました。
今年度もお客さまに信頼される水道を目指し事業を進めてまいります。

平成24年度予算グラフ

主な事業(マスタープラン施策別事業)

安全でおいしい水をお届けするために

  • 水質検査機器及び検査施設の整備(事業費:2,487万円)
  • 鉛製給水管の取り替え(事業費:6億7,067万円)

いつでもどこでも必要な量の水をお届けするために

  • 浄水場・配水場の老朽化対策、耐震化

青山浄水場施設整備事業(事業費:7億575万円)
浄配水施設の耐震診断の推進(事業費:3,655万円)

  • 水道管の老朽化対策、耐震化

青山~信濃川浄水場間の連絡管などの整備(事業費:5億5,650万円)
新潟駅周辺整備事業に伴う幹線整備(事業費:2億9,820万円)
重要施設(病院)向け配水管の耐震化(事業費:1億8,900万円)
石綿セメント管などの老朽化管路の更新(事業費:16億9,177万円)

  • 災害時のおける応急給水体制の整備

応急給水用具(キャンバス水槽など)の整備(事業費:776万円)

水道事業の運営基盤を強化するために

  • 市域の広域化に伴う効率的な施設の再編

広域的な連絡管の整備(事業費:13億9,879万円)
浄配水場(戸頭・間瀬)の整備(事業費:3億4,204万円)

  • 借入金残高の削減(計画:平成18年度から26年度までに95億円削減)

お客さまの視点に立った経営を行うために

  • お客さまコールセンターの運用(事業費:8,750万円)
  • 料金の毎月振替の運用(事業費:395万円)
  • 水道事業経営審議会等附属機関の運営(事業費:43万円)

環境に配慮した事業を行うために

  • 環境保全及び地球温暖化防止への取組み

浄水場等における電力消費の低減
太陽光発電(信濃川浄水場、水質管理センター)

  • スマートエネルギーの推進、その他新技術の導入に向けた調査・研究(事業費:5,059万円)

水道局本庁舎屋上緑化工事
水道局本庁舎ロビー照明LED化工事
グリーンカーテン設置(水道局本庁舎、水質管理センター)

危機事象への備え

  • 大型仮設発電機の整備(事業費:3,525万円)
  • 緊急修繕用備蓄材料の拡充
  • 料金システムサーバーのデータセンターへの移設(事業費:2,464万円)

浄水汚泥等の対策

  • 放射性物質を含む浄水汚泥の保管・処分費用等(事業費:5億301万円)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

水道局 総務課
〒951-8560 新潟市中央区関屋下川原町1丁目3番地3(水道局本局本庁舎3階)
電話:フリーダイヤル0120-411-002(ご利用できない場合は025-266-9311) FAX:025-233-4503

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る