このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

サイトメニューここまで


本文ここから

平成28年度まちづくり月間まちづくり功労者国土交通大臣表彰

更新日:2016年6月23日

平成28年度まちづくり月間まちづくり功労者に野内隆裕さんが国土交通大臣より表彰されました

野内隆裕さん写真
野内隆裕さん写真

 平成28年度まちづくり月間にあたり、野内隆裕さんがまちづくり功労者として国土交通大臣表彰されました。まちづくり功労者表彰は、国土交通大臣が、魅力あるまちづくりの推進につとめ、特に著しい功績のあった個人又は団体に対して表彰するもので、平成28年度は、全国の計36の個人又は団体が受賞しています。
 野内さんは、20年以上にわたり、「みなとまち新潟」の歴史をまち歩きなどの手段で、伝え・広める活動を行われており、新潟市のまちづくりに多大なる貢献をいただいております。

野内さんは、平成28年6月10日(金曜)に行われた「まちづくりと景観を考える全国大会」(「まちづくり月間」及び「景観の日」関連表彰式等)において国土交通大臣より表彰状を授与されました。


野内隆裕さん


表彰式風景


野内隆裕さん表彰の紹介シート

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国土交通省報道資料、まちづくり月間のページ

お宝解説板等整備事業(まち歩きマップ)のページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(参考)新潟県のホームページ(県内で2者の方が表彰)

新潟県内で2者の方(新潟市の野内隆裕さん、上越市の関川東部下門前土地区画整理組合さん)がまちづくり功労者として国土交通大臣表彰されました。

「みなとまち新潟・日和山」が、2014年度グッドデザイン賞を受賞しました

2014年10月1日、市民団体の日和山委員会と新潟市は、連名で公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2014年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
これは、数多くの北前船が立ち寄り栄え、まちの変化と共に忘れられていた「みなとまち新潟」のシンボル「日和山」の歴史と、その歴史を守り続けていた人々やその魅力に惹かれた人々が出会い、集まり、先ず自ら活用し、魅力を発信してゆく中、個性あるまちなか再生に取り組む新潟市が再整備をするなど、「日和山」の活用が進化しながら進んでおり、2000年から行っている取り組みが評価されたものです。


GOOD DESIGN AWARD 2014


みなとまち新潟・日和山


より魅力ある日和山へ

審査委員の方からは、「住民自らが地域の潜在的な魅力を発掘し、整備にまでつなげたプロジェクト。既に受賞している「新潟の町・小路めぐり」との連携や、応募者の地域へのコミットメントの深さも評価されました。」とコメントをいただき、高く評価されました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。2014年度グッドデザイン賞受賞者「みなとまち新潟・日和山」のページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。2014年度グッドデザイン賞受賞者一覧のページ

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。みなとまち新潟 日和山 五合目から

みなとまち新潟 日和山について、日和山 五合目から ゆっくりと見渡しているブログです。

お宝解説板等整備事業(まち歩きマップ)

「新潟下町あるき 日和山登山のしおり」も全6種類あるマップの1つです。

まちあるき 新潟下町あるき 日和山登山のしおり

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

都市政策部 まちづくり推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館5階)
電話:025-226-2700 FAX:025-229-5190

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

新潟市役所

市役所庁舎のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

新潟市役所コールセンター

(受付 午前8時~午後9時:年中無休) 電話025-243-4894

市政の手続や制度、イベント、施設などに関するお問い合わせにお答えしています。

Copyright(C)2012 Niigata City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る