このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会(新潟市景観ネットワーク)

最終更新日:2015年3月16日

新潟市景観ネットワークとは?

 「新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会」(通称「新潟市景観ネットワーク」)は、各会員のまちづくりに対する理念や活動を互いに尊重し、また、各地で展開されている市民主導のまちづくりや会員の情報を収集・共有することで、会員の活動を有機的なものとして、新潟のまちから市民主導のまちづくりを情報発信し、新潟らしい景観を実現することを目的としています。

 会の誕生は平成7年度で、平成8年2月の『開港5都市景観会議新潟大会(現在の開港5都市景観まちづくり会議)』を開催するために結成されました。

 平成13年8月に2順目、平成19年11月の3順目となる『開港5都市景観まちづくり会議新潟大会』を実施し、さらにパワーアップした会になりました。

 市民の皆さん誰もが参加できる景観講座などを開催し、新潟の景観について勉強し、互いに情報交換しております。

会員団体等

  • サンクプロム石山商店街協同組合
  • 協同組合新潟あきんど塾
  • にいがた花絵プロジェクト実行委員会
  • NIIGATA光のページェント実行委員会
  • 万代シティ商工連合会商店街振興組合
  • 新潟学の会
  • ユニバーサルカラープランナー協会
  • NPO法人新潟水辺の会
  • ボランティア亀田
  • 歴史都市新潟研究会
  • NPO法人にいがたエキナン会

景観講座

平成26年度 「湊町新潟 川の流れと景観の変化」

内容

みなとまち新潟は2019年に開港150周年を迎えます。その港でもある信濃川の河口の地形は、これまで幾度となく変化を繰り返し、沼垂はその影響を受け何度も移転を重ね、1684年に現在の位置に移転しました。信濃川には中洲ができ、その中洲が徐々に形を変え、開発され町が創られていきました。今回の講座では、川の流れの変化により移り変わってきた、都市の景観について学びます。

日時

平成26年6月22日(日曜) 午前10時30分から

場所

ほんぽーと(講座)、沼垂・流作場界隈(まちあるき)

プログラム

  • 川の流れと景観の変化について

(講師:斎藤栄路氏)

  • まちあるき

対象

一般市民

定員

30名

費用

2,000円

主催

新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会、新潟市

平成25年度 「小須戸の景観まちづくり まちの色を調べてみよう」

内容

秋葉区小須戸商店街周辺では、7年程前から町屋の町並みに着目した景観まちづくり活動が進められています。平成24年度にはその取組が評価され、都市景観大賞「教育活動・普及啓発部門」の優秀賞を受賞しています。
今回の景観講座では、小須戸の景観まちづくりの取組みについて学んだ上で、実際に解説を聞きながら小須戸のまち歩きをします。
またこれに合わせて景観まちづくりを考える時に重要な要素を担う色彩を切り口に、講師ユニバーサルカラープランナー協会の高松智子氏のもと、まちの色について調べ考える体験カラーウォッチングツアーを行います。

日時

平成25年9月28日(土曜) 午前10時から

場所

秋葉区小須戸商店街周辺

プログラム

  • 小須戸の市(いち)の見学
  • 小須戸の景観まちづくりの取組説明
    (講師:小須戸小学校区コミュニティ協議会 事務局長 村井 豊氏)
  • まちあるき、カラーウォッチング
    (講師:ユニバーサルカラープランナー協会 会長 高松 智子氏)
  • 意見交換

対象

一般市民

定員

30名

費用

2,000円

主催

新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会、新潟市

平成23年度 「地域で取り組む魅力づくり・まちづくりin亀田~商店街周辺地区の取組みを紹介~」

内容

東日本大震災の余震の影響を考慮して開催を中止しておりました景観講座「地域で取り組む魅力づくり・まちづくりin亀田」を開催しました。
商店街を中心とした地域での、商業面だけでなく、地域の歴史や文化を活かしたまちづくりについて、活動事例の発表とディスカッションを行い、亀田のまち歩きを行いました。
発表した事例は、亀田本町通商店街周辺、小須戸本町通商店街周辺、巻鯛車復活プロジェクトの各取り組みです。

日時

平成23年11月26日(土曜) 午後1時会場 午後1時30分開始

場所

亀田駅前地域交流センター(外部リンク) 3階 多目的ホール
(新潟市江南区東船場1-1-22)

プログラム

  • 講演:午後1時30分から午後3時30分まで
    巻鯛車復活プロジェクト:発表者 土田 真清氏
    亀田本町通商店街周辺:発表者 高橋 哲男氏、村木 薫氏
    小須戸本町通商店街周辺:加藤 健二氏
    コーディネーター:森本利(新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会)
  • 亀田まち歩き:午後3時40分から午後4時40分まで

対象

一般市民

定員

40名

費用

無料

主催

新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会、新潟市

平成22年度 「魅力あるかみふるまちづくりを目指し」

内容

関係者が一体となってまちづくりに取り組む「上古町商店街」より高橋正良氏を講師にお迎えして、景観づくり・まちづくりの事例をご紹介いただきました。
また併せてまち歩きを行い、実際の上古町地区のまちづくりの取り組みを体感していただきました。

日時

平成22年7月17日(土曜) 午後3時会場 午後3時半開始

場所

新潟県政記念館(新潟市中央区一番掘通町3-3)

プログラム

  • 講演
    高橋 正良氏(新潟市上古町商店街振興組合員、株式会社サイクルシティにいがた)
  • まち歩き

対象

一般市民

定員

80名

費用

  • 講演:無料
  • まち歩き:500円

主催

新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会、新潟市

会報誌「新潟景観ネットワーク」

 新潟市都市景観形成市民団体連絡協議会では、多くの方に活動を知っていただくために、年1回程度会報誌を発行しています。

新潟景観ネットワーク第12号(平成22年2月1日発行)

ページ

内容
第1面
第2面
第3面
第4面
  1. 新潟学の会
  2. ユニバーサルカラープランナー協会
  3. KMM(カワ・ミチ・マチ)研究所
  4. 萬代橋ファン倶楽部

会員大募集!

 新潟の景観。もっと楽しく、美しい街にしてみませんか。あなたのその気持ちが大切です。私たちと一緒に新潟を自由に考え、創作していきませんか。そう楽しくね!!

年会費

  • 個人:1,000円
  • 団体の個人:6,000円
  • 団体:12,000円

入会のお申し込み

下記担当課までご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

都市政策部 まちづくり推進課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館4階)
電話:025-226-2700 FAX:025-229-5150

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る