このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成29年度 南区長マニフェスト

最終更新日:2018年8月3日

南区長 渡辺 稔

マニフェスト

 現在の南区は人口減少と高齢化が急速に進行し、地域の最重要課題となっており、地域防災力の強化や超高齢社会への対応、子育て支援などとともに喫緊の課題である地方創生に向けた取り組みを実施します。
 さらに、南区には、豊かな大地の恵みである「食と花」、長い歴史に培われた伝統文化や匠の卓越した技など、多くの「地域魅力」があることから、今まで培った地域力を活かした取り組みを推進することで、区ビジョンまちづくり計画に掲げた区の将来像『大地の恵みと伝統・文化にはぐくまれた郷土愛にあふれる、いきいきと暮らせるまち』の実現を目指します。
 この方針のもと南区は今年度、以下の4つの取組を重点的に実施します。

  1. ひととひとがふれあい、安心していつまでも暮らせるまちづくりを推進します。
  2. 誰もが快適に移動できる交通の利便性が高いまちづくりを推進します。
  3. 農商工の連携が、新たな活力を生み出すまちづくりを推進します。
  4. 大凧が舞い、獅子が跳ね、ル レクチエが実るまちづくりを推進します。

1 ひととひとがふれあい、安心していつまでも暮らせるまちを目指します。

現状(課題)

 区民の防災意識は高く自主防災組織は市内でもトップクラスの結成率ですが、災害時に機能する自治会単位の要援護者支援や避難所運営など、地域の防災力向上に向けた活動の推進が必要となっています。また、市民協働により、今まで培った地域力を活かした取り組みが求められています。
 超高齢社会を迎え、医療施設や介護施設の受け入れに限りがある中、在宅医療の支援体制について整備が求められています。
 また、子育て中の保護者の孤立化と育児不安・ストレスなどの問題が発生しています。さらに、障がい者の就労環境は厳しい状況であり、障がい者施設の健全運営のための課題も多くあります。

目標

 平成34年度までに区ビジョンまちづくり計画に掲げた「安心して、快適に暮らすまちづくり」、「誰もが健康でいきいきと生活できるまちづくり」、「区民や地域が主役となるまちづくり」に向けた取り組みを進めます。

課題解決策

 災害発生時の実効力を高めるため、避難所運営マニュアルを見直し、防災意識を高めるとともに、地域との連携がスムーズに機能することが重要であることから、区民と共に減災に向けたまちづくりを進めるとともに、地域要望や課題を解決するため「地域応援団」と地域が協議をし、一緒になって地域の課題に取り組む方法を確立します。
 また、空き家の適正管理と利活用を進めるため、自治会別空き家データを構築するほか、空き家関係セミナーを開催します。
 人口減少・超高齢社会への対策として、地域における高齢者の元気な暮らしを支えるための仕組みづくりや子育て支援を進めます。さらに、健康寿命延伸に向けて、特定健診受診率向上を目指し、ミニドック型集団検診を実施します。
 障がい者施設が、南区産農産物を使って開発した商品の販売に向けた取組みなど、障がい者の自立を支援します。

主な取組

  • 総合防災訓練の実施
  • 空き家対策プロジェクト
  • 地域要望に対する市民協働の視点に基づいた解決方法の確立(地域応援団)
  • 地域の茶の間の充実・子育て支援リーダーの育成
  • 特定検診受診率の向上
  • 障がい者自立支援事業

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 7
達成数 6

 安心できる安全なまちづくりを進めるため、総合防災訓練を実施しました。区内の全コミ協のほか、白根高校生徒による防災ボランティアなどが避難所運営や情報伝達訓練等に取り組みました。
 空き家対策については、市内の先進事例を紹介する空き家セミナーを開催し、自治会等地域と協働して空き家調査に着手しました。
 子育て中の保護者を応援し子育ての不安解消を図るため、新たな子育て支援リーダースキルアップ研修会や子育て広場を開催するなど支援に努めました。
 区民の健康寿命を延ばすため、ミニドック型集団健診を実施しましたが、目標値は達成できませんでした。
 障がい者の自立支援として、南区産の農産品を加工・販売する取り組みや販路拡大の支援を行いました。

今後の方針

 地域団体等のほか、小中学校とも連携を図りながら、地震を想定した総合防災訓練を実施し、地域の防災力向上を目指します。
 人口減少対策として、空き家調査に引き続き取り組みます。地域団体等との情報共通を図りながら、空き家の適正管理と利活用に向けて空き家セミナー(相談会)等の空き家対策に取り組みます。
 少子化対策・子育て支援として「子育てオーエンジャー☆みなみ」による子育て広場の充実を図ります。地域で高齢者を支える意識の醸成や体制作りに取り組みます。

2 誰もが快適に移動できる交通の利便性が高いまちを目指します。

現状(課題)

 区内に軌道系の公共交通機関がなく、主にバス運行が区民の重要な移動手段となっています。
 区バスは、利用者が伸びている路線があるものの全体としては横ばいとなっており、運行頻度やルートを改善するなどしていますが、効率的な交通システムの構築が困難な状況にあります。
 都市基盤となる幹線道路の適切な維持管理により、車両走行性の改善や歩行者の安全性向上、橋梁施設の長寿命化に努めています。

目標

 平成34年度までに区ビジョンまちづくり計画に掲げた「交通の利便性の高いまちづくり」に向けた取り組みを進めます。

課題解決策

 区バスについては国道8号線を基軸とし、区内中心部や近隣地域へのアクセス機能や路線相互の乗換機能を高めます。
 国道8号バイパス全線供用後の現国道8号の安心安全な空間とにぎわいの創出を含め、道路空間利用形態について地域・民間事業者が主体となって検討を進めます。
 早期の点検・補修により基幹道路と橋りょうの維持管理を実施し、さらなる長寿命化を進めます。

主な取組

  • 区バス運行事業
  • 国道8号を含めた道路空間利用形態の検討(にいがた南区創生会議)
  • 基幹道路と橋りょうの適切な維持管理

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 3
達成数 2

 自治協議会とともに区バス・乗合タクシーの利用啓発に取り組みました。
 また、車内を水族館のように装飾したり、利用促進のための説明会を開催しました。
 国道8号を含めた道路空間利用形態の検討については、平成29年4月に区内の民間団体等が中心となって「にいがた南区創生会議」が発足し検討を進めており、平成30年6月10日には「ミニマルシェ」の開催を計画しています。
 また、道路・橋りょうの計画的な整備・維持補修については、上半期の工事執行に努めました。

今後の方針

 区バスについては、車両をノンステップバス2台に更新し、地元の意向を踏まえながら利便性の高いダイヤとなるよう改善を図ります。
 ぐるりん号については、平成30年度が社会実験の最終年度になるため、本格運行に移行できるよう継続して利用促進に取り組みます。
 国道8号4車線化については、国や地域と連携を図りながら、今後も協議します。
 平成31年3月の国道8号白根バイパス全線開通に向けて、道路空間再編成を検討します。

3 農商工の連携が、新たな活力を生み出すまちを目指します。

現状(課題)

 南区で盛んな果樹・切り花などの園芸や畜産の生産性を高めるために「食と花の銘産品」を指定し、市内外に広くPRを行っていますが、農業従事者の高齢化が進み、担い手が減少しているため、生産量は増加していない現状です。
 消費者と農業者の交流の場や農業体験の場を設定し、農産物「食と花」を大いにPRしていますが、来て見て買って食して楽しんでいただく取り組みや安心安全な農産物の生産とともに、農商工連携による食品の付加価値化を進める6次産業化の推進が求められています。
 また、商店主の高齢化や後継者不足により廃業や空き店舗、更地が目立つなど、まちなかの活力が失われつつあることから、南区の商業の中心である白根地区商店街に元気を取り戻し地域商業の拠点として強化することが重要になります。
 伝統工芸品である白根仏壇・白根絞りについては、技術の継承が課題となっています。

目標

 平成34年度までに区ビジョンまちづくり計画に掲げた「活力のある魅力的な農業を活かしたまちづくり」、「いきいきと働けるまちづくり」に向けた取り組みを進めます。

課題解決策

 農業・商業・工業の連携による6次産業化・12次産業化への取り組みを支援し、農業活性化センターや食品加工支援センターを活用した地域ビジネスの展開や新たな雇用創出を図るとともに、空き店舗の活用や伝統工芸品のプロモーションに取り組みます。 
 また、国家戦略特区の規制緩和を活用した農業者の新規参入や、特定事業者の事業拡大を支援します。
 廃棄処分されていた果樹の剪定枝をバイオマスとして活用を図るとともに、高品質な米を生産するため、たい肥散布の推奨を進めます。

主な取組

  • 農商工連携がっちりプロジェクト
  • ビジネスプランコンテスト
  • 白根仏壇プロモーション
  • 国家戦略特区の規制緩和を活用した新たな特定事業者の掘り起こし
  • 南区資源循環事業
  • 南区拠点商業地活性化推進事業計画の推進

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 4
達成数 3

 農業・商業・工業の連携による地域産業の活性化や雇用の創出に繋げるため、南区のお土産アイデアを7月から募集し、目標を大きく上回る78件の応募がありました。
 また、南区の伝統工芸「白根仏壇」の工芸技術継承のため、仏壇製造技術を活かした新たな商品の試作品を作成しました。
 商店街の空き店舗への新規出店は、2店舗が出店しました。

今後の方針

 生産性向上のため資源循環事業と農地集積を推進します。
 ビジネスプランコンテストの優秀プランには、出店に向けた創業支援を行うとともに、アイデアプランの活用を行い、雇用の創出につなげます。
 伝統工芸である白根仏壇の技術をプロモーションし、新たな製品づくりを模索します。
 まちなかの活性化のため、空き店舗と白根の町屋の活用を検討します。

4 大凧が舞い、獅子が跳ね、ル レクチエが実るまちを目指します。

現状(課題)

 歴史と伝統を誇る白根大凧合戦、重要文化財旧笹川家住宅(笹川邸)、白根の町屋などの観光資源、財産を有機的に結合し、南区の魅力をさらに磨きあげ、交流人口の増大につなげるとともに、多彩な地域の宝ものを大切に受け継ぎ、保存を図る必要があります。

目標

 平成34年度までに区ビジョンまちづくり計画に掲げた「にぎわいと多彩な交流のまちづくり」に向けた取り組みを進めます。

課題解決策

 白根大凧合戦、笹川邸、郷土芸能角兵衛獅子、その他地域固有の文化施設や伝統行事に、南区に優位性のある「農・食」を組み合わせた事業を展開するとともに、南区PR大使やSNSなどを効果的に活用し、交流人口の拡大につなげます。
 また、地域固有の文化施設や伝統行事などの魅力を向上させるとともに、保存と活用を図り次世代へ継承します。

主な取組

  • 区公式ツイッターの運営
  • 白根大凧タウンガイドとの協働
  • 南区観光協会への支援
  • 南区PR大使の活用
  • 「重要文化財旧笹川家住宅保存活用計画」基づく修繕計画の作成

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 4
達成数 3

 区公式ツイッターは、日々の情報配信によりフォロワー数が増加しました。
 商店街を中心としたまちあるきについては、「南区まちあるき講座」を計画的に開催し、まちあるきの魅力発信を支援しました。白根地区の白根大凧タウンガイドの活動のほか、月潟地区にも拡大を図りました。
 NGT48のメンバーで南区に関係のある2名をPR大使に任命し、白根大凧合戦パレードやル レクチエ解禁祭などへの参加を通じて、区のイメージアップと情報発信に努めました。
 また、国の有形文化財である旧笹川家住宅と文化施設のしろね大凧と歴史の館の2施設で連携イベント「南区文化施設フェア」を開催し、集客に努めました。

今後の方針

 区の情報発信として、ホームページやツイッターのアクセス数などを分析し、魅力のPRを図り、南区PR大使の効果的な活用に努めます。
 また、旧笹川家住宅の有効活用に向けて「来てきて笹川邸」を継続実施するとともに、南区の観光施設の連携により誘客を図ります。

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務部 行政経営課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)
電話:025-226-2437 FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

部長・区長マニフェスト(平成29年度)

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る