このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成29年度 江南区長マニフェスト

最終更新日:2018年8月3日

江南区長 米山 弘一

マニフェスト

 都心部に近接し利便性の高い公共交通機関と道路網に恵まれた地理的条件、豊かな自然環境などを背景に、人口減少を最小限に抑えながら、地域の活性化を図り、安心安全政令市の考えのもと、区ビジョンの将来像である「緑と調和した賑わいと安らぎのあるまち」の実現に取り組みます。
 この方針のもと、江南区は今年度、次の3つの取り組みを重点的に実施します。

  1. 雇用・居住を促進し、人口減少に歯止めをかける取り組みを進めます。
  2. 子育て世代のフォローアップと高齢者の見守りを強化し、笑顔あふれるまちにします。
  3. 三方を河川に囲まれた地域特性を踏まえ、安心安全なまちづくりを進めます。

1 雇用・居住を促進し、人口減少に歯止めをかける取り組みを進めます。

現状(課題)

  • 自然減少のほか、就職による若者の県外流出が多い状況が見られ、平成27年の国勢調査結果では区の人口が減少に転じました。
  • 事業拡大を目指す企業が、区内で用地を取得することが困難な事例が生じています。○農村集落では若者の流出など、農業の担い手不足が深刻になっています。
  • 地域雇用の安定確保のため、農商工業の活力を高める取り組みが必要です。

目標

 地域の活性化に向け、江南区が持つ優位性を生かしたまちづくりを進めます。

課題解決策

  • 企業ニーズの観点から江南区の持つ強みについて他地域と比較検討を行い、優位性について明らかにします。
  • 市街地、農村部など区内各地域の特長を生かし、有効な人口減対策とその効果について検証します。
  • 市内最大の本数を誇るJR信越本線を活用した拠点性の向上に取り組みます。
  • 将来の農業のあり方を見据えた農地集積に取り組みます。
  • 地域資源の活用による農商工業の活性化に取り組みます。

主な取組

  • 区内の主要団体等がまちづくりについて協議する場に参加します。
  • 江南区の持つ強みについて「雇用促進」「居住促進」の観点から検証します。
  • 関係者と連携し、開発すべき地域を絞り込むとともに、開発方針(案)を作成します。
  • (仮)江南駅の実現と亀田駅周辺のさらなる拠点性向上に向け、関係者と連携しながら検討を進めます。
  • 地域農業の将来像を描く、人・農地プランの取り組みを進めます。
  • 亀田縞や藤五郎梅などを地域資源として活用します。

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 4
達成数 4
  •  亀田商工会議所が中心となり区内主要団体が参画する「江南区まちづくり協議会」を設置し、区と協働で「雇用促進」「居住促進」に加え「公共交通」の観点からも検証を行うとともに、雇用については新たな工業用地の確保に向け取り組み、区内から4地区、28.7ヘクタールが農政協議に向け熟度を高める区域に選定されました。
  • (仮称)江南駅について、利用見込みアンケートを実施。一定の利用者が見込めることが判明しました。
  • 人・農地プランの推進により、集落での話し合いが新たに3地区で始まり、累計19地区となりました。
  • 亀田縞ブランド化を推進のため、新たに企画、デザイン、販売等に関わる関連事業の8事業者が協議会に参加し、参加事業者が19事業者となりました。
  • 梅の里産地活性化の推進のため、新たに梅の加工品3品目を製品化し、累計5品目となりました。

今後の方針

  • 新たな工業用地の候補地4地区の実現に向けた取組みを「江南区まちづくり協議会」を主体として推進します。
  • (仮称)江南駅は、「公共交通」の視点だけでなく「雇用創出」「居住促進」など区の発展に大きく寄与することから、新駅設置の効果や、効果を最大限引き出すための方策等について検討します。
  • 今後の農業の推移を踏まえ、できるだけ多くの集落で人・農地プランの話し合いを進め、地域の農業の将来像を見据えたうえで、農地の集積と活用を進めることで農業の振興を図ります。
  • 亀田縞を地域ブランドとして発展させ、地域での活用はもとより、国内外に販路拡大していくことで、地場産業の振興及び地域経済の活性化につなげます。
  • 藤五郎梅の地域ブランドとしての価値を高めるため、梅果実高品質化の取り組みと、新たな加工品開発や販売PRの展開を行い、産地の活性化を推進します。

2 子育て世代のフォローアップと高齢者の見守りを強化し、笑顔あふれるまちにします。

現状(課題)

  • 市内でも年少人口の比率が高い地域ですが、人口減少社会を迎え、切れ目のない子育て支援が一層必要になっています。
  • 超高齢化社会に対応した地域包括システムの構築が求められています。
  • 市内でも高い自殺率となっており、働く世代等への自殺予防の対策が必要です。
  • 要介護度が高く、健康寿命と平均寿命の差が大きい状況です。
  • 区バス・住民バスなどの充実とあわせJR信越本線と連携を強化することにより、マイカーのみに依存することのない地域内公共交通を形成する必要があります。

目標

  • 初めての子育て支援事業と、そこに参加できない方へのフォローアップにより、継続的な子育て支援を行います。
  • 健康寿命延伸のため、高齢者見守り訪問や健康講座の充実を図ります。
  • 区バスをより利用しやすくするため、運行実績を踏まえた改善を行います。

課題解決策

  • 人口減少を念頭に、子育て支援を充実し、子どもを産み育てやすい環境づくりを進めていきます。
  • 従来の福祉分野だけでなく、あらゆる分野での地域包括ケアシステムの構築に向けて地域や関係機関との仕組みづくりに取り組みます。
  • 自殺の原因となるうつ病を早期に発見し、自殺予防の啓発を図ります。
  • 健診受診勧奨と生活習慣病予防の知識普及により健康寿命の延伸を図ります。
  • 区バスを中心した地域の公共交通のさらなる利便性向上を図ります。

主な取組

  • 昨年度から全市展開した初めての子育て支援事業に参加できなかった親子へ、フォローアップとして保健師が訪問して相談・指導を行います。
  • 子育て支援センターの実利用者数を増加させます。
  • 江南区内において3つの支え合いのしくみづくり会議の活動を開始します。
  • 自殺予防対策のためのゲートキーパー研修を区役所職員、民生委員等に実施するとともに、相談先お知らせカードを作成し区役所や区内の施設に設置します。
  • 高齢者への見守り訪問による健診受診勧奨と地域のお茶の間での健康教育を実施します。
  • 区バスの利便性向上に向け、ニーズ調査やデータ分析を踏まえた新規ルートやダイヤを検討します。

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 8
達成数 8
  • 対象者全員へのフォローアップ訪問を行い、相談先の周知を図ることで育児不安の軽減や孤立の解消につながることがわかりました。
  • 初めての子育て支援事業や訪問による周知により、子育て支援センターの実利用者数が5パーセント増加しました。
  • 住民による3つの支え合いのしくみづくり会議で、地域の茶の間の開設など5つの新たなしくみを整備しました。
  • ゲートキーパー研修により民生委員など身近な相談員を育成しました。
  • また、相談先お知らせカードを区内公共施設、企業など26か所に設置しました。
  • 高齢者見守り訪問において3年連続で健診未受診の方に直接受診勧奨を行いました。
  • 21か所の地域の茶の間で健康教育を行いました。
  • 区バスのさらなる利便性向上に向け、亀田駅など区内の主要施設でアンケート調査を実施し、平成30年度から通学に使いやすいダイヤへ見直しを行いました。

今後の方針

  • 育児不安の軽減のため、身近な相談先「妊娠・子育てほっとステーション」の周知を強化するとともに、子育て支援センターの活用を進めます。
  • 地域包括ケアシステムの構築に向け、支え合いのしくみづくり会議の活動を継続し、住民による支え合いの取組を拡充していきます。
  • ゲートキーパー研修の継続実施と定着化を図るとともに、相談先お知らせカードの設置場所を拡大します。
  • 平成28年度から実施してきた高齢者見守り訪問は、残る地域(両川、横越、亀田西)を対象に実施し、地域での見守り活動へつなげます。
  • 区内各地域の将来の生活交通について、地域住民同士が考えるワークショップ(2地区)を開催し、区バス・住民バスのさらなる充実に向けた検討を行います。

3 三方を河川に囲まれた地域特性を踏まえ、安心安全なまちづくりを進めます。

現状(課題)

  • 安心安全な地域づくりを推進するため、さらなる防災・防犯・交通安全向上へ向けた地域住民の意識啓発や、資機材の整備等を進める必要があります。
  • 江南区は自主防災組織の結成率が低いため、結成率向上に向けた取組みが必要です。
  • 交通事故死が27年度までの3年間0人でしたが28年度は2人あり、一層の交通安全意識向上が求められます。
  • 江南区は平坦で0メートル地帯が多く、道路冠水が発生しやすい地域です。

目標

 自主防災組織の結成率向上や災害対応訓練の継続的な実施により、地域防災力の向上を進めます。

課題解決策

  • 地域の安心安全の向上に向け、地域と協働で取り組みます。
  • 自主防災組織のメリットを見える化した資料を作成し、結成率の低い地区を中心に説明にあたります。
  • 県警と連携しながら交通安全意識を啓発し浸透させます。
  • 災害時において道路等の迅速な安全確保を行うべく、緊急時対応訓練を実施します。

主な取組

  • コミュニティ協議会と協働で、防災訓練や地域パトロールなどを行うとともに、必要となる資機材を整備します。
  • 自主防災組織結成に向けた説明会を開催します。
  • 交通安全教室を実施します。
  • 災害の種類に応じた緊急時対応訓練を実施します。(6月:出水期における水害・土砂災害対策訓練、10月:地震想定防災訓練、12月:降雪期における雪害対策訓練)

取組結果

主な取組の指標達成状況
指標数 4
達成数 4
  •  コミュニティ協議会と協働で行う「江南区安心・安全な地域づくりの推進」事業は、区内全コミ協で取組みを実施し、地域の防災・防犯・交通安全の向上、安心安全への意識向上が図られました。(防災分野4団体、防犯分野2団体、交通安全分野1団体、防災・防犯分野1団体)
  • 出張説明会などを通じて自主防災組織の必要性を訴えてきたことにより自主防災組織の重要性が浸透し、新たに4組織が結成されました。
  • 学校や保育園・幼稚園などで対象者の年齢に応じた交通安全教室を実施しました。
  • 土木総務課及び協力業者と連携し、6月に道路冠水時対応訓練、10月に地震時対応訓練、12月に地吹雪時対応訓練を実施しました。

今後の方針

  • さらなる安心安全の土台の強化に向けて、「江南区安心・安全な地域づくりの推進事業」は計画段階からコミ協と連携し、地域の実状に応じた取り組みを実施します。
  • 引き続き未結成自治会等へ働きかけ、自主防災組織の結成率を向上させます。
  • 警察などの関係団体や地域と連携しながら、交通安全啓発を行うことで、交通事故防止に繋げます。

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

総務部 行政経営課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館5階)
電話:025-226-2437 FAX:025-228-5500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

部長・区長マニフェスト(平成29年度)

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る