このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

平成28年度 キャンパスからの提言フォーラム

最終更新日:2016年8月28日

第3回 キャンパスからの提言フォーラム

平成28年8月28日(日曜)に実施します 【フォーラムは終了しました】

第3回 キャンパスからの提言フォーラム 概要

1. 開催日時

平成28年8月28日(日曜)午後1時~5時(受付 午後0時半から)
 *途中入退場可

2.会場

新潟市役所 本館6階 講堂
 (新潟市中央区学校町通1番町602番地1)

3.政策提言テーマ

「観光客・観光収入“倍増”計画」
人口減少が進む中、消費低迷による地域経済の減衰を防ぐためにも、
人口減少を抑制する取組みとともに、観光をはじめとした「交流人口の拡大」が
ますます重要となってきます。

観光客や観光収入を増やすには、一体どうしたらいいのか ――
5大学9グループの学生が、全3回の全体講義と、社会に飛び出してのヒアリングを実施し、
シンプルだけれどとても難しい、この問題に挑みます。
学生ならではの柔軟な思考を活かした提案をお聴きください。

4.発表大学

 おさななじみーズ (新潟大学)  “田んぼ活用術“ 
 くうふく (新潟大学)  “空き家アートが生む  親子のかけがえのない思い出観光“
 新潟で古着たのしみ隊 (新潟大学)  “Niigata vintage girl festa ~来たれ全国の古着女子~“
 新潟つややかせ隊 (新潟大学) “3泊で3歳若返り!!新潟ツヤがある“
 ニイガタdeシェアし隊 (新潟大学)   “高齢者・学生の短期滞在プロジェクト ~経験を、伝えていこう、次世代に~“
 新潟国際情報大学 “新潟歴史探訪 プロジェクションマッピングバス”
 青陵BIG5 (新潟青陵大学) “ついで観光”
 Forever24 (日本歯科大学新潟生命歯学部) “謎解きは新潟に来たあとで -接近勝負の攻めマニア- ”
 新潟青陵大学短期大学部 “Let’s 神社”

5. 開催趣旨

 大学連携新潟協議会と新潟市では、学生を大学の重要な財産として捉え、行政や地域と学生の取り組みによる新たな大学連携を推進しています。
 本事業を通じ、学生のうちに市政に関心を持ってもらうことで、地域社会への愛着と関心を深め、新潟市のさらなる発展に寄与する人材の育成を目指します。

6. フォーラム参加申込について

事前の参加申込は不要です。当日直接会場へお越しください。

7. その他

 駐車場には限りがあります。なるべく公共交通機関をご利用くださるか、乗り合わせてのご来場をお願いします。

8.主催

新潟市・大学連合新潟協議会
(協議会構成大学:新潟大学・新潟薬科大学・新潟国際情報大学・新潟青陵大学・新潟医療福祉大学・
 日本歯科大学新潟生命歯学部・敬和学園大学・新潟県立大学・明倫短期大学・事業創造大学院大学・
 新潟青陵大学短期大学部・日本歯科大学新潟短期大学・新潟工業短期大学)

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

政策企画部 政策調整課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館4階)
電話:025-226-2057 FAX:025-224-3850

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る