このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ICT田植機(可変施肥田植機)による実証実験を開始しました

最終更新日:2017年9月22日

 国家戦略特区の指定を受けた本市では、様々な民間事業者と連携プロジェクトを立ち上げ、革新的技術を活用したICT農業を展開していますが、このたび株式会社ヰセキ信越と連携し、ICT田植機(可変施肥田植機)を用いた田植えの実証試験を行うこととなりました。
 平成29年4月29日(土曜)に有限会社米八の圃場において、各種センサを搭載したICT田植機(可変施肥田植機)による田植え作業を行いました。

プロジェクト概要

連携事業者

株式会社ヰセキ信越
有限会社米八

事業内容

  • ICT田植機(可変施肥田植機)に搭載された各種センサにより、圃場の「深さ」や「肥沃度」などをセンシングしながら、土壌条件に合わせて設定施肥量を自動的に減肥調整し、過剰施肥を抑制することで、水稲の倒伏軽減と品質安定を図るとともに、タブレット上で圃場のマップ化を図り、「深さ」や「肥沃度」、「減肥率」を可視化。

可変施肥の効果

  • 可変施肥を行った圃場に目立った倒伏は見られなかった。一方で可変施肥を行っていない向かい側の圃場では中心部に大きな倒伏が見られた。
  • 土壌条件に合わせた減肥調整により倒伏が軽減され、収穫作業が楽になり、品質の安定化が図られた。また、肥料の施肥量が減り、コスト低減が図られた。

実証田の作土深・土壌肥沃度・減肥率MAP など

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

農林水産部 ニューフードバレー特区課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(白山浦庁舎5号棟4階)
電話:025-226-1864 FAX:025-230-0423

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る