このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

15.新潟市BRTについて

最終更新日:2017年4月20日

受付日:平成29年3月2日(木曜) 年齢:10歳代

ご意見・ご提案

 私は路線再編・連節バス導入の両方に賛成しています。連節バス4台の早期の追加と、青山バス停に関しては近隣への移転を含めて利用快適性の向上をお願いします。バスレーンは道路中央部ではなくサイドリザベーション型の整備をするべきだと思います。

回答

 本市のバス交通についてご意見をいただきました。BRT・新バスシステムを応援いただき、大変うれしく思っています。
 本市のBRT・新バスシステム導入の目的は、新潟駅から万代・古町を結ぶ都心軸の連携・強化のほか、全市的に持続可能なバス交通を構築することです。バス利用者が最近10年で約40パーセント減少し、それに伴いバス便数が約20パーセント減少する悪循環に歯止めをかけるため、郊外からまちなかへ運行する路線を、交通結節点によってBRT路線に集約を図り、その余力となる車両や運転手を郊外路線に振り向けることで、郊外路線の増便、新設路線の設置が可能となりました。
 その結果、バス利用者数は、開業前後の1年間の比較で0.8パーセントの微増となり、減少に歯止めがかかるとともに、増便を行った路線では利用者数が増加するなど、導入により得られた効果が示されてきており、持続可能なバス交通の土台が構築されつつあるものと捉えています。
 連節バス4台を早期に追加するべきとのご提案をいただきましたが、連節バスについては、利用者が多い平日朝夕のピーク時においては一般バスでは輸送が難しい利用者数を輸送していることを確認しており、まちなかにおけるバス利用者を効率的に輸送するシステムを構築するにあたり、高い効果を発揮しているものと捉えております。さらに、一般バスと比べて多くの座席数を提供できることや、本市のバス交通を象徴する車両として市民のバス利用を喚起するといった効果もあるのではないかと捉えています。
 本市の新バスシステムの取組みは、先進的な取組みとして他都市からも注目されている中、今年度は福岡市や滋賀県草津市においても連節バスが導入され、また先日報道発表のあった国産の連節バスの開発動向も踏まえると、今後も連節バスを導入する都市は増えていくことが見込まれます。
 このような社会情勢も加味しながら、導入効果を見定め、BRT第2期区間である新潟駅南口から鳥屋野潟南部への延伸も見据え、連節バスの追加導入に向け、検討を進めてまいります。
 次に、青山バス停につきましては、新潟交通株式会社からの提案を基に、回送路を含め、既存の道路空間を活用した暫定的な形態でスタートしました。開業以降は、バス利用者の意見をお聞きしながら、ベンチや仮設の待合所を設置したほか、一般交通などの周辺環境にも配慮し軽微な道路改良を行うなど、利便性を高めてまいりました。
 来年度には、具体的な整備の方向性について、路線の配置や交通流動の状況のほか、バス運行のさらなる効率化や、利用者の利便性といった観点を踏まえながら、検討を行う予定です。その結果を踏まえ、道路管理者や交通管理者、運行事業者などの関係者と協議を進め、できる限り早期の改善実現に向け、取り組んでいきます。
 また、バスが歩道のすぐ横を走るサイドリザベーション型のバスレーンの設置についてもご提案いただきました。
 本市では、BRTの機能を向上することで、これまで以上に分かりやすく使いやすい公共交通となることを目指しております。その中で、専用走行路の導入および路上バス停の設置については、平成24年2月に「新たな交通システム導入基本方針」において、右折可能な交差点が少ないJR新潟駅から古町の区間では、停車車両による影響や左折する一般車両と直進するバスとの交錯がなくなることから、安全な運行が確保される道路中央部に設置するのが最も望ましいとの考えが示されました。
 この方針のもと、専用走行路設置に向け、平成28年11月には、路上バス停の社会実験を実施するなど設置に向けて検討を進めていますが、今後は、この社会実験の結果検証を踏まえ、サイドリザベーション型の路面電車の新ルートを設置した札幌市など他都市の状況も参考にしながら、関係機関とともに検討・協議していきたいと考えています。

回答日:平成29年3月15日(水曜)

担当課:新交通推進課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る