このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

6.BRT導入後について

最終更新日:2015年5月21日

受付日:平成27年4月2日(木曜) 年齢:30歳代

ご意見・ご提案

 BRT導入後、地方のバスを増やすみたいなことがどこかに書いてありましたが、本数を増やすよりも、バスを新しくしてもらいたいです。
 地方によっては古く(91年式)、ツーステップバスしかない路線もあります。
 年寄りが降りる時、よっこらしょという感じで降りているのを見ると可哀そうな感じさえします。これだから、バス人口が減ってきているのかな?と思います。
 これからは高齢化社会になるのでノンステップバスが当たり前になると思います。
 新潟交通にも意見しているのですが、中々実現には時間が掛かると思われます。
 新潟交通に補助金等を出して新しいバスを購入し古いバスを無くしてもらうと、バス利用者はありがたいと思います。新潟交通だけでは実行に限度があります。
 以上を検討してもらえるとありがたいです。

回答

 ノンステップバスについてご意見をいただきました。
 本市では、人と環境にやさしい交通環境の実現を目指し、これまでオムニバスタウン事業により、ノンステップバスやバスICカード「りゅーと」の導入支援などを実施してまいりました。
 その結果として、現時点では新潟交通株式会社のノンステップバス導入率は約40パーセントとなり、これに車いす対応車両を加えたバリアフリー対応車両の導入率では約70パーセントにまで向上しています。今後は、さらにBRTにより新たに導入する連節バスをはじめ、車両の更新においてもノンステップバスを順次導入することとしています。
 本市も、安心で快適な公共交通利用環境の実現に向け、ご指摘いただいたノンステップバスのさらなる導入促進などについて、引き続き交通事業者とともに取り組んでまいります。

回答日:平成27年4月15日(水曜)

担当課:都市交通政策課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

6.交通

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る