このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

56.BRTについて

最終更新日:2016年1月12日

受付日:平成27年11月17日(火曜) 年齢:10歳代

ご意見・ご提案

 新潟に住む大学生です。
 今回、BRTの路線について疑問に思ったことがあり、意見を述べさせていただきます。

1.BRTの通るところについて
 現在、BRTは市役所~白山駅を経由した道路を使用していますが、なぜ国道116号線を使用しないのでしょうか。
 国道116号線沿いには、新潟中央高校、新潟商業高校、新潟高校があります。私も高校時代は、バスで学校に行くことが多々ありましたが、非常に混んでいて乗れずに、遅刻してしまうことがありました。そのような事態を防ぐためにBRTが導入されたと私は考えております。
 ですから、国道116号線を使用すれば、市役所で降りる方々、多くの高校生も使うことができ、より有効になるのではないかと考えました。

2.快速の停車バス停について
 BRTは車体が大きく、時刻表通りに運行できないのは理解できます。
 しかし、先日、本町から新潟駅に平日の夕方にバスを利用したところ、バス停には30人ほどが並んでおりました。そこで、普通のバスがきても、そのバスも混んでおり、1台に7、8人しか乗れないような状況でした。
 そんな中、目の前を明らかに空いている(立っているお客さんもいない位)の快速BRTが通り過ぎました。そのような状況で寒い中待たされる人達のことを考えると、せめて本町にも快速BRTは止まる必要があるのではないかと考えます。

 以上が私の意見です。どうか新潟をより住みやすい街にするために役に立てたら嬉しいです。

回答

 BRT・新バスシステムについてご意見をいただきました。
 はじめに、9月5日からのBRT・新バスシステムについて、料金精算や運行の遅延などのトラブルが発生し、利用者、市民の皆さまにご不便とご心配をおかけし、大変申し訳なく思います。
 4カ月目に入った現在は、利用者のご協力もいただき、定時性が大きく改善され、運行が安定してきていると捉えております。
 運行ダイヤについては、さらなる定時性を確保していくこと、これまで市民の皆さまからいただいたさまざまなご意見を、12月16日から導入される冬ダイヤ改正時にできるだけ配慮していただくよう新潟交通に要望し、通勤・通学・通院などでより便利で使いやすくなるように改善を図っています。
 BRT導入ルートは、平成22年度に有識者・関係機関などで構成される新たな交通システム導入検討委員会において議論を重ね、平成23年度に「1.区間別の利用者数が多いこと、2.需要が見込まれる都市施設が沿線に配置されていること、3.交通拠点の連携が図られ、交通結節点の設定がしやすいことを考慮し、白山駅~古町~新潟駅~鳥屋野潟南部の区間を優先整備区間とし、特に市役所~古町~新潟駅の区間を最優先とすべき」と提言をいただきました。
 さらに、市民代表および学識経験者、商店街からなる「まちなか再生本部」より、最優先で整備すべき区間を市役所から白山駅まで延伸し、鉄道と連動した交通アクセスを提供すべきとの提案がありました。
 以上の提言・提案を踏まえ、市では、新潟駅~万代~古町~市役所~白山駅を第1期区間としてBRTの早期導入を目指し、新潟駅~鳥屋野潟南部を第2期導入区間とし検討を進めることとする基本方針を平成24年2月に公表しました。
 その後、運行予定事業者として新潟交通株式会社を審査する場において、同社より新潟駅~白山駅までの区間を西区青山まで延伸する提案が提出され、大堀・寺尾・国道8号方面からの複数のバス路線が集中する青山まで延伸した方が、よりバス路線の集約効果が高いことなどの理由により、新潟駅~西区青山までとしたところです。
 現在、連節バスの定時性を確保するため、暫定対応として連節バスを快速運行しております。
 ご指摘いただいた、本町への連節バス停車の必要性などの課題についても、今後、バス停の利用状況や利用者や地域の皆さまのご意見をお聞きしたうえで、バス交通にくわしい有識者などからなる新バスシステム事業評価委員会のご意見や利用状況等を踏まえながら、新潟交通とともに見直しを行ってまいります。
 また、連節バスの萬代橋ライン以外の他路線への導入については、今後の事業展開のなかで新潟交通と共に検討していきたいと考えています。
 なお、この度の冬ダイヤの改正で、国道116号線を通る信濃町線で、7時30分新潟駅発の便が1本増えます。
 このことにより、国道116号沿線に通学する学生さんの利便性向上に繋がるものと捉えておりますので、是非ご利用いただければと思います。

回答日:平成27年12月15日(火曜)

担当課:新交通推進課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

6.交通

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る