このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

13.自転車の歩道通行について

最終更新日:2015年7月14日

受付日:平成27年6月2日(火曜) 年齢:30歳代

ご意見・ご提案

 1歳になる娘を抱っこしながら、新潟南高等学校前の歩道を歩くことがあるのですが、人が二人並んで歩くこともできない狭い歩道を学生が自転車で通行していて、後ろからベルも鳴らさずスーッと横を通り過ぎられると本当に怖いです。
 歩道は新潟ユニゾンプラザまで続いており、目の不自由な方も通る歩道です。
 道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられています。歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。
 事故が起こってからでは遅いです。ここは自転車が通行してはいけない歩道であるということを注意喚起する標識を設置していただきたいです。
 また、市内の高校でなぜ歩道を通行してはいけないのか、自転車が歩行者とぶつかることで死亡事故に至ることもあるということを、再現映像を見せるなどして徹底して教育していただきたいです。
 よろしくお願いします。

回答

 自転車の歩道通行についてご意見をいただきました。
 大切なお子さまとご一緒に歩道を歩く方が、自転車が歩道を通行することについて、危険であると感じるお気持ちをお察しいたします。
 ご指摘の新潟南高等学校の前の道路は、国道7号(万代1丁目地内)から主要地方道新潟小須戸三条線(上所2丁目地内)につながる市道上所新和線として、市街地内の重要な道路となっております。また、この道路は、「普通自転車の歩道通行可」の規制標識がない区間ですので、自転車は原則車道通行となります。13歳未満、または70歳以上の方が運転される場合や道路状況により車道を安全に通行できないときは、特例的に歩道を通行できますが、その場合であっても、歩道は歩行者優先であり、自転車は徐行し、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければならず、歩道上では、歩行者の安全が確保されなければなりません。
 自転車の歩道通行を禁止する標識はありませんが、本市では警察と連携し、平成25年12月の道路交通法改正にあわせて、近辺の高等学校においても自転車安全教室を実施し、その後、高校生と一緒に東港線沿いの柱に「自転車は原則車道通行」などの自転車走行ルールに関するステッカーを貼り、啓発に努めてまいりました。
 また、当該路線につきましては、市民の皆さまに身近な乗り物である自転車の利用環境を整備し、歩行者の安全確保、自転車の交通事故の削減、環境にやさしい、健康にも良い自転車利用の促進を目的とした「新潟市自転車利用環境計画」に基づき、歩行者の安全を第一優先としたうえで自転車が安全に走行できるよう、自転車走行空間の整備を行う予定となっております。
 今後も、市民の皆さまの安心・安全の確保の一環として、自転車の交通ルール・マナー啓発活動を、継続して進めてまいります。

回答日:平成27年6月19日(金曜)

担当課:市民生活課 中央区建設課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

6.交通

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る