このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

2.生活保護の使途について

最終更新日:2013年5月14日

受付日:平成25年4月4日(木曜) 年齢:40代

ご意見・ご提案

 新潟市としての見解を伺います。
 先日、福祉総務課にお話を伺いました。内容としては、生活保護を受けておりながら監視カメラを購入している。これは生活保護の使い方として適切では無いのではないか?です。
 回答では、支給されたお金をやりくりして買っても、それに対しては何も言えない。との事でした。非常に無責任な回答で私は納得がいきません。その生活保護の原資は何なのでしょうか?紛れも無く私達の税金です。その税金を用いて支給している以上、使途については厳しくチェックされるのが本来の姿と考えます。
 また、生活保護法第8条からすると、とてもその趣旨に沿った発言とは思えません。更には、支給された使途に対して何も言えないのなら、監視カメラとは同法第11条のどれにあたるのでしょうか?私にはどれに当てはまるのか、全く理解出来ませんでした。
以上を踏まえ、新潟市としての見解を伺います。

回答

 生活保護受給者の生活保護費の使い方と、生活保護費の適切でない使い方への指導についてご意見をいただきました。
 生活保護法では、支給される生活保護費を含め、その世帯の収入の使い道は基本的には自由とされており、物品の購入に当たって個々にその可否を判断するということはありません。
 一方で、同法第60条においては、被保護者は支出の節約を図り、生活の維持、向上に努めなければならないとされております。また、第62条においては、保護業務を行う福祉事務所がこれらに関し指導や指示をした場合には、従わなければならないとされております。
どのような場合に指導や指示をするかについては、個々の生活保護受給者の状況により異なりますが、カメラの購入に対して指導することはできないものと考えております。
 今後とも、生活保護世帯が社会生活に適応し自立することを支援するために、生活状況などについて十分把握しながら、適正な保護の実施に努めてまいります。

回答日:平成25年4月17日(水曜)

担当課:福祉総務課

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る