このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

市長への手紙 改善集 平成27年度(後期)

最終更新日:2016年9月8日

改善・改良ピックアップ

「市長への手紙」をいただき、回答の有無に関わらず、改善・改良させていただいたものを紹介します。「市長への手紙」をいただく前から準備を進めていたものも含みます。

市長への手紙 改善集 平成27年度(後期)
標題 改善・改良の内容

母子健康手帳の表紙や、 ホームページの子育てのマークとして、 哺乳瓶のイラストを用いることはいかがなものか。子育てには哺乳瓶が必要で、当たり前の事だという認識を自然に植えつけてしまう危険があるのではないか。

2016(平成28年度)交付分の母子健康手帳の印刷の際に、哺乳瓶のイラストを削除し、作成しています。ホームページ上の母子健康手帳の表紙については、平成28年4月1日以降哺乳瓶のイラストを削除した表紙に変更しました。

64歳までは障がい者の制度で紙おむつの支給を受けていたが、65歳になり介護認定を受け、要支援2の判定になった。市の制度により65歳からは高齢者の制度から支給されることになるが、要支援2は支給対象外のため紙おむつの支給が受けられなくなった。からだの状態は変わらないのに支給が受けられなくなるのはおかしい。

要支援2の認定を受けた方は高齢者の制度で支給できないため、障がい者の制度で引き続き支給することとしました。

A公民館に併設の図書室を利用する際に、入退室時の時間及び氏名を記入して利用しなければならないことになっているのはなぜか。
また、一階の男子トイレの洋式トイレを温水洗浄式に改善してほしい。

個人情報保護の観点から名字の記入は取りやめることとし、それに代わる入退室管理の方法として、現在、入室時間と一般か学生かの区分について記載していただく方法を試行しております。
また、平成27年度中に多目的トイレと1階男性用洋式トイレを、温水洗浄式の便座に整備しました。

A園利用者が安心して通園できるよう老朽化した通園バスの入れ替えをお願いしたい。

A園通園バスについては、補正予算を編成し、更新することとしました。

A公民館学習室は多目的ホールに隣接しているため、振動・音漏れ等で学習できる環境でない場合は、他の部屋を開放して欲しい。

多目的ホールの使用で、大きな音等が予測される団体が利用する場合、空いている他の講座室を学習室として開放することとしました。

ほんぽーとでは、資料が配架されている書架が南東に面しており大変日当たりがよく、書籍の背表紙が劣化しているのが気になる。ガラス窓に面した書架の資料について、館内での配架レイアウトの変更、および必要に応じ他館への分散配架について検討できないか。

ほんぽーとでは資料の日焼け対策として、窓ガラスに紫外線防止フィルムを貼っておりますが、オープンから8年が経過し、直接日光があたる場所の資料は日焼けの進み具合が少し早いとのことでしたので、紫外線によるダメージを軽減するための追加対策を早急に講じるよう、担当課へ指示いたしました。

ファミリー・サポート事業は大変良い取組みだが、利用料金がサポートを必要とする人にとっては負担になる金額である。ファミリー・サポート・センターの利用料金の減額・減免、助成制度等を検討してもらいたい。

直ちに減額することは難しいと考えていますが、ファミリー・サポート・センターは、会員同士が互いの立場を尊重し、誠実に活動することを理念としておりますので、会員へのアンケートなどを実施し、サービスを提供する側と利用される側の双方がご納得いただける金額について検討してまいります。

倒れそうなカーブミラーがあるので、至急対応してほしい。

すぐに倒れたりすることのない状況でしたが、目にした市民の皆さまが不安に思われる状況でしたので、カーブミラーの建直しを行うよう対応を進めています。

第8回AKB48選抜総選挙で、多くの観光客が本市を訪れることになるが、行政が主体となって臨時宿泊施設や臨時便等の交通手段の確保をしてはどうか。

お越しいただいた皆さまに安全に滞在していただけるよう、旅行業者や交通事業者などと連携し、状況に応じて対応いたしました。

異なる申請書を提出したため、新潟市役所臨時給付金センターから正規の申請書が送付されたが、自分は入院していて、郵便局に申し出た留め置き期間を過ぎたため、差出人である給付金センターに返戻された。再発送するなどの方法があったのではないか。

留め置き期間の経過により返戻された方については少し間を置いて書類を再送付するなど、少しでも多くの方から申請いただけるよう努めてまいります。

このページの作成担当

市民生活部 広聴相談課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-2094 FAX:025-223-8775

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る