このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

ウルサン市の概要

最終更新日:2012年6月1日

地理

 韓国南東部にある港湾都市で、人口第7位の重化学工業都市です。キョンサンナム(慶尚南)道に属していましたが、広域市昇格とともに道から分離しました。南に港で有名なプサン(釜山)広域市、北に古都として知られるキョンジュ(慶州)市が接しています。風光明媚な海岸と、ヨンナム(嶺南)アルプスと呼ばれる1000メートル級の山々が東西に控える自然豊かな都市でもあります。中心部をテファ(太和)江がゆったりと流れて市を南北に隔てており、一年を通して比較的温暖な気候です。

歴史

 ウルサンの地名は、1413年に初めて記録に現れました。1592~98年の文禄・慶長の役の際には、加藤清正らが築城したことで知られており、日本との間で激しい戦いが行われました。
 1950年代まで小規模な農漁村でしたが、昭和37年特定工業地区に指定され市に昇格。製油、自動車、造船などの大規模工場が次々と進出し、韓国経済発展の原動力である重化学工業の拠点として成長してきました。1997年に広域市に昇格し、2002年にはワールドカップ・サッカーの開催地となるなど、今も発展を続けています。

その他

 首都ソウルから高速鉄道(KTX)で2時間余り。市内には国内線専用空港であるウルサン空港もあり、ソウルのキンポ(金浦)空港から約1時間で到着します。ウルサン空港はビジネス客だけでなく、古都キョンジュを訪れる観光客の玄関口としても利用されています。国内外に多くの航空路線を持つプサン空港からも、自動車で約1時間の距離です。
 韓国の「産業首都」と呼ばれる最大の工業都市です。年間150万台の生産量を誇る自動車工場をはじめ、世界的規模の造船所、石油化学工場を中心に工業が発展しています。
 農漁業では、古くからナシの産地として知られ、海外にも輸出されています。かつては、伝統的な捕鯨基地でもあり、今でも、市民のクジラに対する愛着は強いものがあります。
 公害問題が一時深刻でしたが、市の中心部を流れるテファ(太和)江を泳ぐことができる水質にまで戻すなど、環境に対しても大きな努力を払ってきました。
 毎年10月に、チョヨン(處容)文化祭と呼ばれる市民の祝祭が行われています。

提携年月日

平成18年9月21日
交流協定締結

交流協定調印
平成18年9月 両市長が「交流協定」に調印

提携の経緯

 新潟・ウルサン両市が、ともに日韓共催のワールドカップ・サッカー(平成14年)の開催地に選ばれたことをきっかけに、平成14年から両都市間で少年サッカーの交流が始まりました。平成14年のワールドカップ開催期間中には、文化交流団が、両市を相互に訪問しました。こうした市民交流の高まりを受け、平成18年新潟市で交流協定を締結しました。

サッカー交流
平成17年7月 第5回日韓親善少年サッカー大会

交流の歩み

ウルサン市を訪問する新潟市青少年使節団
平成19年8月 韓国文化体験をする新潟市青少年使節団

(韓国語・日本語・英語・中国語)

このページの作成担当

観光・国際交流部 国際課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-1677 FAX:025-225-3255

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る