このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

市報にいがた 平成29年8月27日 2633号 2面

最終更新日:2017年8月25日

新津美術館開館20年記念 興福寺の寺宝と畠中光享展

新津美術館 ロゴ

 秋葉区蒲ケ沢の新津美術館で「興福寺の寺宝と畠中光享展」を開催します。
 興福寺は創建1,300年を誇る奈良の名刹(めいさつ)です。来年秋、同寺の創建時の中核であった「中金堂(ちゅうこんどう)」が約300年ぶりに再建され、その内部には史料にその存在が記されている「法相柱(ほっそうちゅう)」も復元されます。この柱に貼りあげる法相宗(ほっそうしゅう)の祖師を描いた柱絵がこの度完成し、初めて公開されます。
 同展ではこの柱絵のほか、国宝「銅造観音菩薩立像」など同寺所蔵の宝物や、柱絵を描いた日本画家・畠中光享(はたなかこうきょう)さんの作品も展示します。

会期 9月9日(土曜)から10月15日(日曜)午前10時から午後5時
※10月2日を除く月曜(祝日の場合は翌日)休館
観覧料 一般1,000円、高校生・大学生700円
※中学生以下無料。前売り券は各200円引き
問い合わせ 同館(電話:0250-25-1300)

右:国宝《銅造観音菩薩立像(千手観音菩薩立像 像内納入品の内)》奈良時代 8世紀 興福寺蔵 左:畠中光享《無著菩薩》2016年 興福寺中金堂法相柱柱絵
右:国宝《銅造観音菩薩立像(千手観音菩薩立像 像内納入品の内)》奈良時代 8世紀 興福寺蔵
左:畠中光享《無著菩薩》2016年 興福寺中金堂法相柱柱絵

主な関連イベント

申し込み 電話で市役所コールセンター(電話:025-243-4894)

畠中光享氏ギャラリートーク

日時 9月9日(土曜)午後2時、10月14日(土曜)午後3時
※申し込み不要

講演会「日本画ってなに?~興福寺法相柱柱絵を描いて」

日時 9月10日(日曜)午後2時から午後3時30分
定員 先着80人
講師 畠中光享(日本画家)
※午後3時45分からサイン会を実施

講演会「興福寺のあゆみと教え」

日時 9月24日(日曜)午後2時から午後3時30分
定員 先着80人
講師 多川俊映師(興福寺貫首)

ワークショップ「散華を描く」

日時 10月15日(日曜)午前9時30分から午後0時30分
定員 先着30人
講師 畠中光享

前の記事へ

目次へ

次の記事へ

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る