このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

市報にいがた 平成28年11月6日 2593号 1面

最終更新日:2016年11月4日

新潟発 わくわく教育ファーム 「プラチナ大賞」優秀賞を受賞

 本市独自の取り組みである「新潟発 わくわく教育ファーム」が、「プラチナ大賞」において「優秀賞」を受賞しました。「プラチナ大賞」は、人口減少や高齢化などの地域課題の解決や、新たな可能性の創造に向けて、先進的な取り組みをしている自治体や民間企業を全国から募集し、表彰するもの。10月26日に都内で行われた最終審査と表彰式では、農業と教育が融合した取り組みで成果が出ており、事業の継続性が高い点などが高く評価されました。

 「プラチナ大賞」は、同大賞運営委員会と民間団体「プラチナ構想ネットワーク」が毎年実施しています。同賞は、あらゆる年代の人がプラチナのように光り輝き活躍できる「プラチナ社会」の実現を目指して、平成25年に創設されました。
 ことしは全国から54件の応募があり、10月26日には最終候補に残った10団体が取り組みを発表。「創造性・革新性・持続可能性があること」や「国内の他の地域にも活用できること」など、7項目で審査が行われました。
 今回優秀賞を受賞した「新潟発 わくわく教育ファーム」は、平成26年度から実施しています。
 同事業は、農業が身近にある本市ならではの特性を生かし、農業体験を通して子どもたちに「生きる力」を育もうとする取り組みです。これにより、地元への愛着や誇りを培ってもらい、生産者と消費者が互いに理解し合う関係を築くことで、農業の活性化を図ります。

問い合わせ わくわく教育ファームについて…食育・花育センター(電話:025-282-4181)、学校支援課(電話:025-226-3263)
プラチナ大賞について…政策調整課(電話:025-226-2057)

アグリパーク(南区)で野菜の育て方を学ぶ子どもたち
アグリパーク(南区)で野菜の育て方を学ぶ子どもたち

新潟発 わくわく教育ファームを通じて目指す姿

新潟発 わくわく教育ファームを通じて目指す姿の図

全ての小学校で実施 アグリ・スタディ・プログラム

 本市は、独自の農業体験学習プログラム「アグリ・スタディ・プログラム」を実施しています。
 同プログラムは、子どもたちの農業への理解をより深めようとするもので、文部科学省の学習指導要領などに基づいています。教育ファームの取り組みを構成する柱の一つで、現在、全ての小学校で実施しているほか、幼稚園、保育園、中学校、特別支援学校向けのプログラムも用意しています。アグリパークやいくとぴあ食花のほか、地元農家などで活動しています。
 五感を通した学びや、育てる活動と消費する活動を結び付けることで、子どもたちの農業に対する意識が高まるなどの成果が上がっています。

アグリ・スタディ・プログラムでさまざまな作業を体験

アグリ・スタディ・プログラムでさまざまな作業を体験

アグリ・スタディ・プログラムでさまざまな作業を体験
アグリ・スタディ・プログラムでさまざまな作業を体験

前の記事へ

目次へ

次の記事へ

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る