このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

市報にいがた 平成28年4月10日 2563号 3面

最終更新日:2016年4月8日

平成28年度の予防接種

イラスト

 予防接種はいずれも委託医療機関での個別接種です。事前に委託医療機関へ問い合わせ、予約の上接種してください。
 委託医療機関名簿は区役所健康福祉課、地域保健福祉センターで配布しているほか、市ホームページにも掲載しています。

問い合わせ 保健管理課感染症対策室(電話:025-212-8194)、区役所健康福祉課

子どもの予防接種

イラスト

 接種対象年齢の人は無料で受けることができます。
 予防接種には、対象年齢に加えて望ましい接種年齢が定められています。詳しくは「予防接種予診票つづり」や冊子「予防接種と子どもの健康」、母子健康手帳などで確認してください。
 効果や副反応をよく理解し、計画的に接種しましょう。

予防接種名 対象年齢 回数
ヒブ 生後2カ月以上5歳未満 接種開始年齢で異なる
小児用肺炎球菌 生後2カ月以上5歳未満 接種開始年齢で異なる
四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ) 生後3カ月以上7歳半未満 4回
BCG 生後3カ月以上1歳未満 1回
麻しん・風しん混合(MR) 1期 1歳以上2歳未満 1回
麻しん・風しん混合(MR) 2期 小学校入学前の1年間 1回
水痘(水ぼうそう) 1歳以上3歳未満 2回
日本脳炎 1期 3歳以上7歳半未満 3回
日本脳炎 2期 9歳以上13歳未満 1回
二種混合(ジフテリア・破傷風) 11歳以上13歳未満 1回
子宮頸がん 副反応の問題により、平成25年6月14日の国の勧告を受け、本市でも接種の積極的な勧奨を中止

※ことし4月以降に生まれた子どもを対象に、B型肝炎ワクチンを10月から定期予防接種に追加予定。
「日本脳炎」は平成7年4月2日から19年4月1日に生まれ、17年から21年の積極的勧奨の差し控え期間に接種しなかった人は、20歳の誕生日前日まで不足分を接種可

高齢者用肺炎球菌予防接種

イラスト

 今年度の年度対象者には、8月中旬に個別案内のはがきを郵送します。
 案内を待たず早めに接種を希望する人は、委託医療機関に相談してください。

対象 本市に住民登録があり1.または2.に該当する人
※過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種した人は対象外

  1. 表の生年月日に当てはまる平成28年度の年度対象者
  2. 接種日に60歳以上65歳未満で、身体障害者手帳1級相当の心臓・腎臓・呼吸器の機能障がい、またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能障がいがある

実施期間 平成29年3月31日まで
必要な物 健康保険証など住所・氏名・生年月日が分かる物
※生活保護受給者は生活保護受給証明書または被保護者証明書、対象2.は身体障害者手帳または主治医の証明書も
自己負担額 4,000円(生活保護世帯と市民税非課税世帯は無料。市外の委託医療機関での接種は自己負担額が異なる)
※市民税非課税世帯で8月中旬までに接種を希望する場合は、後日還付手続きが必要(8月中旬以降に届く無料接種券と領収書原本、通帳、印鑑を持ち、29年3月31日までに区役所健康福祉課へ)

28年度の年度対象者
年齢 生年月日
65歳 昭和26年4月2日から27年4月1日
70歳 昭和21年4月2日から22年4月1日
75歳 昭和16年4月2日から17年4月1日
80歳 昭和11年4月2日から12年4月1日
85歳 昭和6年4月2日から7年4月1日
90歳 大正15年4月2日から昭和2年4月1日
95歳 大正10年4月2日から11年4月1日
100歳 大正5年4月2日から6年4月1日

妊娠希望女性などへ 風しん対策

イラスト

 妊婦が風しんにかかると、生まれてくる子どもが難聴や白内障などになることがあります。必要に応じて抗体検査などを受けましょう。なお、妊娠時の妊婦健康診査には風しん抗体検査が含まれています。

実施期間 平成29年3月31日まで

種別 対象
(本市に住民登録があり次に該当する人)
必要な物 自己負担額
抗体検査 風しんの抗体検査や予防接種を受けたことがなく、医療機関で風しんと診断されたことがない、次のいずれかに該当する
(1)妊娠を希望する女性
(2)妊娠を希望する女性の同居者
(3)風しん抗体が低い妊婦(HI法で16倍以下またはEIA法で8.0未満)の同居者
健康保険証など住所・氏名・生年月日が分かる物
※(3)は母子健康手帳原本と妊婦の風しん抗体価が分かる物も
なし(1人1回限り)
予防接種 風しん抗体検査の結果、風しんの抗体がないまたは低い(HI法で16倍以下またはEIA法で8.0未満)と診断され、次のいずれかに該当する
(4)妊娠を希望する女性
(5)妊娠を希望する女性の同居者
(6)風しん抗体が低い妊婦(HI法で16倍以下またはEIA法で8.0未満)の同居者
健康保険証など住所・氏名・生年月日が分かる物と、風しん抗体価が分かる物
※(6)は母子健康手帳原本と妊婦の風しん抗体価が分かる物も
麻しん風しん混合(MR)ワクチン…3,000円
風しんワクチン…2,000円

※対象(2)は妊娠を希望する女性が風しん抗体検査や予防接種を受けたことがある、または風しんと診断されたことがある場合は対象外。予防接種は風しんの予防接種歴や確定診断歴のある人を除く。予防接種の助成はいずれかのワクチン1人1回限り。生活保護世帯と市民税非課税世帯は無料、持参する物は区役所健康福祉課に要問い合わせ

前の記事へ

目次へ

次の記事へ

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注目情報

    にいがた魅力発信

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る