このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

工場立地法の緑地率等の緩和(案)についてパブリックコメントの募集

最終更新日:2017年5月10日

工場立地法の緑地率等の緩和について(案)に対する意見募集は終了しました。
ご協力ありがとうございました。

 本市ではこれまで工場立地法の緑地率等については、国が定めた全国統一のルールを適用してきましたが、同法では市町村が地域の実情に応じ独自のルールを制定できることから、既存敷地の高度利用をより一層促進するため、環境に配慮しながら市独自の緑地面積率等を定めた条例を制定し、新規企業の立地や既存企業の設備投資を促進し、市内産業の活性化を図ります。

工場立地法とは

 工場立地が環境保全を図りつつ適正に行われるようにするため、工場立地に関する調査の実施、工場立地に関する準則の公表及びこれらに基づく勧告、命令等を行い、これらを通じて国民経済の健全な発展と国民の福祉に寄与することを目的に作られた法律です。

案の入手方法

下記よりダウンロードしてください。

ご意見を募集する資料

閲覧・配布場所

以下の場所で、案の閲覧・配布を行っています。(閉庁日は除きます)

  • 市政情報室(市役所本館1階)
  • 企業立地課(市役所分館3階)
  • 各区役所(資料の設置場所は各区地域課にお問い合わせください)
  • 各出張所
  • 中央図書館(ほんぽーと)

ご意見の募集期間

平成29年4月10日(月曜)から5月9日(火曜)まで ※郵送の場合は期間内必着 ご意見の募集は終了しました。

記入様式

記入上の注意

  • 住所・氏名(法人その他の団体にあっては、所在地・名称・代表者の氏名)、連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレス等)を必ず明記してください。
  • 締切日(平成29年5月9日(火曜))までに到着しなかった場合は、無効とさせていただきます。
  • 電話でのご意見はお受けできません。

ご意見(意見書)の提出方法

以下のいずれかでお願いいたします。

郵送

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1
新潟市経済部企業立地課 宛
※平成29年5月9日(火曜)必着 とさせていただきます。

ファクシミリ

FAX:025-228-2277
新潟市経済部企業立地課 宛

電子メール

アドレス:kigyo@city.niigata.lg.jp

直接持参

企業立地課(新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所分館3階)、市政情報室(市役所本館1階)、各区役所地域課、各出張所、中央図書館(ほんぽーと)

ご提出いただいたご意見の取り扱い

  • この手続により収集した個人情報については、「新潟市個人情報保護条例」に基づき適切に取り扱います。
  • 提出されたご意見については、概要をとりまとめ、市の考え方と合わせてホームページ等で公表します。
  • ご意見に対する個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

意見提出者数

4人

意見提出件数

4件

問い合わせ

新潟市経済部企業立地課 
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1

電話:025-226-1689 FAX:025-228-2277
Eメールアドレス:kigyo@city.niigata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

経済部 企業誘致課
〒951-8554 新潟市中央区古町通7番町1010番地(古町ルフル5階)
電話:025-226-1689 FAX:025-228-2277

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

  • twitter
  • facebook
  • video

新潟市役所

( 法人番号:5000020151009 )

市役所庁舎のご案内

組織と業務のご案内

〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
© 2017 Niigata City.
フッターここまでこのページのトップに戻る