このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


本文ここから

第5期新潟市障がい福祉計画・第1期新潟市障がい児福祉計画(案)に対する意見募集(パブリックコメント)について

最終更新日:2018年1月19日

【※本計画の素案に対する意見募集は平成30年1月18日をもって終了しました】

本計画の素案について、市民の皆様からの意見を募集します。
(意見の提出に係る手続きに関して支障がある場合には、事前に下記問い合わせ先までご連絡下さい)

第5期新潟市障がい福祉計画・第1期新潟市障がい児福祉計画について

第5期新潟市障がい福祉計画・第1期新潟市障がい児福祉計画は、地域において必要な「障がい福祉サービス」、「相談支援」、「地域生活支援事業」及び「障がい児通所支援等」の各種サービスが計画的に提供されるよう、平成32年度における各種サービスに関する数値目標及び各年度のサービス提供量見込みを設定し、サービス提供体制の確保や推進のための取り組みについて定めるものです。

素案の入手方法

下記よりダウンロードして下さい。

配布・閲覧場所

以下の場所で、素案や意見提出用紙の配布・閲覧を行っています。(ただし閉庁日は除きます)

市政情報室(市役所本館1階)
広聴相談課(市役所本館1階)
障がい福祉課(市役所本館1階)
各区役所地域課
各出張所及び連絡所
ほんぽーと中央図書館(中央区明石2)

ご意見の募集期間

平成29年12月18日(月曜)から平成30年1月18日(木曜)まで
(郵送の場合は上記期間内に必着)

ご意見の記入様式

記入上の注意

電話や口頭でのご意見はお受けできません。
お名前、ご住所、ご連絡先(法人その他については、組織名称と代表者の方のお名前、所在地、ご連絡先)を必ず記入してください。
締切日までに到着しなかった場合は無効となります。
意見書の提出様式は、上記からダウンロードできます。(任意の様式でも構いません)
意見の提出に係る手続きに関して支障がある場合には、事前に下記問い合わせ先までご連絡下さい。

ご意見の提出方法

郵送の場合

〒951-8550(住所の記載は不要です)
新潟市福祉部障がい福祉課管理係 宛
(平成30年1月18日必着とさせて頂きます)

ファックスの場合

025-223-1500
新潟市福祉部障がい福祉課管理係 宛

電子メールの場合

直接提出する場合

上記の配布・閲覧場所と同じ

ご提出頂いたご意見の取り扱い

本手続きにより収集した個人情報については「新潟市個人情報保護条例」に基づき適切に取り扱います。
ご意見に対して個別の回答は致しません。頂いたご意見の概要を取りまとめ、市の考え方と併せて公表します。

問い合わせ先

新潟市福祉部障がい福祉課管理係(市役所本館1階)

〒951-8550
新潟市中央区学校町通1番町602番地1
(電話)025-226-1248
(ファックス)025-223-1500
(電子メール)shogai.wl@city.niigata.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

福祉部 障がい福祉課
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1(市役所本館1階)
電話:025-226-1237 FAX:025-223-1500

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障がい福祉課

注目情報

    魅力発信:新潟市スキマ時間の楽しみ方

    情報が見つからないときは

    サブナビゲーションここまで


    以下フッターです。

    • twitter
    • facebook
    • video

    新潟市役所

    ( 法人番号:5000020151009 )

    市役所庁舎のご案内

    組織と業務のご案内

    〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602番地1 電話 025-228-1000(代表)

    開庁時間

    月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分(祝・休日、12月29日から1月3日を除く)

    ※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新潟市役所コールセンター 電話:025-243-4894 午前8時から午後9時
    © 2017 Niigata City.
    フッターここまでこのページのトップに戻る